HOME > 病院からのお知らせ > KOBE DM net(神戸糖尿病地域連携パス)について

病院からのお知らせ

KOBE DM net(神戸糖尿病地域連携パス)について

KOBE DM net(神戸糖尿病地域連携パス)

平成25年4月より神戸市では糖尿病地域連携パス(愛称「Kobe DM net」が、運用開始されています。
「より多くの糖尿病患者さんに元気で長生きしてもらうこと」をスローガンとし、かかりつけ医の診療所の先生方と糖尿病診療の専門病院がスムーズに連携してゆくことを目標にしています。神戸百年記念病院もパス作成のお手伝いをさせていただきました。

「はじめの第一歩」を簡便に進めるために、Kobe DM net診療情報提供書を作成しています。
下記よりダウンロードしてご利用下さい。
なお、従来どおりの診療情報提供書をご使用いただいてもかまいません。
ご紹介の目的に応じて迅速に対応して、ご報告させていただきます。

KOBE DM net(神戸糖尿病地域連携パス)

KOBE DM net(神戸糖尿病地域連携パス)

糖尿病診療における当院の概要

日本糖尿病学会認定教育施設 (認定番号000792)
日本糖尿病学会専門医・指導医 1名
糖尿病看護認定看護師 1名
日本糖尿病療養指導士 2名
糖尿病専門外来(月、火、金曜日)
フットケア外来
糖尿病透析予防療養指導外来
管理栄養士食事指導
糖尿病教育入院 (14日間 5日間 48時間)
糖尿病教室 (第4金曜日 午後3時30分)

2013年10月18日更新