HOME > 病院からのお知らせ > 乳児のB型肝炎ワクチンが今年(2016年)10月から定期接種になります。

病院からのお知らせ

乳児のB型肝炎ワクチンが今年(2016年)10月から定期接種になります。

2016年10月1日より、乳児に対するB型肝炎の予防接種が開始されます。
対象者は、2016年4月1日以降に出生された方で2016年4月以降に生まれた方で、満1歳になるまでの方が対象です。
神戸市民は接種券を利用して無料です。接種券は当院小児科に用意してあります。



B型肝炎ワクチンは、赤ちゃん、大人ともに、3回接種になります。

*接種間隔
    1回目 生後2ヶ月以降
    2回目 1回目から27日以上間隔をあけて接種
    3回目 1回目から139日(20週)以上の間隔をあけて接種

その他、予防接種(ヒブ、肺炎球菌など)同時接種も可能ですので小児科にてご相談下さい。
10月1日になったら、なるべく早く接種を開始しましょう

2016年9月20日更新