診療科、部署の紹介
HOME > 診療科のご案内 > ケミカルピーリングについて

ケミカルピーリングについて

ケミカルピーリングとは、薬剤を皮膚にぬり、化学的に皮膚の新陳代謝をよくする方法です。

古くなった皮膚が自然にあかとなってはがれ落ちるので、パックをはがすように皮膚が一枚めくれてしまうのでは?といった心配をする必要はありません。
薬剤の効果でピーリングした当日は、顔がほんのり薄赤くなりますが、ほとんどの人がその日のうちにおさまります。
2、3日後、日焼け後のように少しだけ皮がむけることもありますが、これも効果の一つですので心配ありません。

ケミカルピーリングに関するQ&A

どんな病気に有効ですか?
以下の病気に効きます。
にきび ・シミ、小ジワ ・日焼けによる黒ずみなど
何回ぐらい治療が必要ですか?
個人差があります。病気によっても違うので一概にはいえません。
どれぐらいのペースで治療に通うのですか?
3、4週間に一度です。これは、皮膚の生まれ変わりの周期から考えても適当なペースで週に一回などの早いペースで治療したからといって、早く治るわけではありません。
治療中はどのような注意が必要ですか?
紫外線防止のために、日焼け止めクリームを使うことと、乾燥しがちになるので、湿することが重要になります。
ホームケアは必要ですか?
ピーリングの効果をあげ、持続するために、当院ではホームケア用のピーリングローションと、ニキビの患者様にはニキビ用のクリームを、シミの患者様にはシミとり用のクリームをお渡ししています。
どこで治療を受ければよいですか?
ピーリング剤は強い薬ですので、皮膚科専門医が行っている病院、またはクリニックがよいでしょう。