診療科、部署の紹介
HOME > 診療科のご案内 > 内科・循環器系のご紹介

循環器系

虚血性心疾患、心臓弁膜症、不整脈、高血圧性心疾患、心筋症を中心に精査、治療を実施しています。心不全の原因として、心房細動が注目されています。最新の治療を取り入れ、症状を取る、また、心機能を改善させる等日常生活の改善のため、努力しています。虚血性心疾患と呼ばれている狭心症や心筋梗塞などにならないための予防も大切と考えられます。虚血性心疾患を予防するには、その原因となる危険因子を知り、取り除くことが必要です。その危険因子には、脂質異常症、高血圧症、喫煙、糖尿病、高カロリーな食生活、肥満、運動不足、ストレスなどがあります。これら生活習慣病の積み重ねが虚血性心疾患の引き金となりますのでお気軽に当科にご相談ください。

主な医療設備

心臓超音波カラードプラー装置、>経食道心臓超音波装置、トレッドミル運動負荷心電図、ホルター心電図、24時間血圧計、CT、MRI、心筋シンチ

学会認定施設

  • 日本循環器学会認定循環器専門医研修施設

医師のご紹介

取り扱っている主な疾患

心筋梗塞・狭心症など虚血性心疾患、心房細動等の不整脈、心筋症、心臓弁膜症、心不全、大動脈疾患など

検査・治療の特徴

当科で実施している循環器科的な検査・治療としましては、心エコー(経胸壁、経食道)、頚動脈エコー検査、トレッドミル運動負荷試験、24時間心電図、24時間血圧モニター、心筋シンチグラフィー(運動負荷、薬物負荷、過換気負荷、交感神経イメージングMIBG、脂肪酸代謝イメージングBMIPP)、薬物的および電気的除細動などを実施しています。

心筋シンチグラフィー(運動負荷、薬物負荷、過換気負荷)

狭心症、心筋梗塞などの診断に有用です。
運動負荷心電図やホルター心電図などで狭心症が疑われる場合に外来で行える最終診断的な検査です。
院外からの患者様のご紹介も電話で受け付けており、結果は後日ご紹介いただいた先生に郵送させていただきますので、患者様に当院へ来ていただくのは検査当日だけで結構です。

  • ・負荷心筋シンチグラフィーの検査曜日は火曜日と金曜日です。
  • ・安静時のみの検査は月曜日から金曜日までの毎日です。
  • ・連絡先 (078)681-6111(内線1544 RI室まで)

頚動脈エコー検査

頚動脈エコー検査は超音波発信装置を首に当てるだけで簡便に動脈硬化の進行具合を画像としてみることができます。血管の肥厚がどれくらい進んでいるか、血管に狭窄部位ができているかなどが一目でわかります。
この検査により脳梗塞の可能性を予測することができるので、予防や治療に大いに役立つと言われています。また頚動脈エコー検査の動脈硬化の評価は、全身の動脈硬化の指標にもなります。