診療科、部署の紹介
HOME > 診療科のご案内 > 婦人科のご紹介

婦人科

不正性器出血など気になる症状があっても、多分大丈夫だろうとついつい診察を先延ばしにしがちです。もちろん、多くの場合はホルモンバランスの変化など心配のいらないものですが、中には若い人でもガンなどの病気が隠れていることがあります。
当科では、優れた検診設備を用いた迅速かつ丁寧な診断にてガンの早期発見を心がけています。
また、更年期にさしかかると体の疲れ、ほてり、イライラなどの症状に悩まされます。当科ではご希望により女性ホルモンの量を測定し、更年期前後数年程度に限りホルモン補充療法を行っております。薬の副作用として、子宮ガン、乳ガン、血栓症の確率が高くなりますので、定期健診が必要となります。また、副作用の点から長期間の投与は当科では勧めておらず、漢方薬なども取り入れながら更年期の悩みに対処しております。
また、避妊したいためピルが欲しいという方には、薬を飲む上での注意事項をご理解頂いた上、ピルの処方を行っております。
また、生理痛が激しい方にも場合によりホルモン療法が有効なことがありますのでご相談ください。
神戸大学医学部と連携で外来診療を行っております。
現在常勤医がおりませんので婦人科の入院治療はおこなっておりません。

診療スケジュール

検査・治療の特徴

不正性器出血など気になる症状があっても、多分大丈夫だろうとついつい診察を先延ばしにしがちです。もちろん、多くの場合はホルモンバランスの変化など心配のいらないものですが、中には若い人でもガンなどの病気が隠れていることがあります。当科では、優れた検診設備を用いた迅速かつ丁寧な診断にてガンの早期発見を心がけています。
また、更年期にさしかかると体の疲れ、ほてり、イライラなどの症状に悩まされます。当科ではご希望により女性ホルモンの量を測定し、更年期前後数年程度に限りホルモン補充療法を行っております。薬の副作用として、子宮ガン、乳ガン、血栓症の確率が高くなりますので、定期健診が必要となります。また、副作用の点から長期間の投与は当科では勧めておらず、漢方薬なども取り入れながら更年期の悩みに対処しております。
また、避妊したいためピルが欲しいという方には、薬を飲む上での注意事項をご理解頂いた上、ピルの処方を行っております。
また、生理痛が激しい方にも場合によりホルモン療法が有効なことがありますのでご相談ください。

診療スケジュール

  備考
午前 松本 培世 稲葉 陽子 鈴木 嘉穂 高倉 真希 高倉 真希 - ※一部予約制 
午後 - - - - - -