診療科、部署の紹介
HOME > 診療科のご案内 > 整形外科のご紹介

整形外科

整形外科救急治療(複雑骨折、多発外傷、開放粉砕骨折)、加齢に伴う変性疾患(変形性関節症、骨粗鬆症)、関節リウマチ、スポーツ障害など、幅広い領域をカバーし診療にあたっています。

私たちスタッフは、すべての年齢層の患者さまに対し、身近な頼れるドクターとして頑張っています。
また、近隣の多くの医療機関と連携しています。その他にもセカンドオピニオンとしてのご相談も承っております。

難治性の症状でお悩みの方、現在ほかの病院やクリニックで治療を受けていらっしゃる方でも、ご遠慮なくご相談ください。

医師のご紹介

診療スケジュール

整形外科が重視していること

患者さまにとってベストの治療法は何かを考え、病状を充分に説明し、納得していただき、信頼に基づいた治療を行っています。
手術では現在の最新の知識を取り入れ、手術のリハビリでは早期の機能回復を目指し「患者さま一人ひとりをしっかり診る」という信念で診療にあたっています。

また、各種学会・研究会にも積極的に発表・参加を行い研鑽に努めるととも、最新の知識を診療にも役立てています。

主な対象疾患

背椎・背髄疾患

  • 頚椎症性脊髄症
  • 頸部脊柱管狭窄症
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 頚椎ヘルニア
  • 腰椎ヘルニア
  • 変形性脊椎症
  • 脊髄腫瘍

股・膝関節疾患

  • 変形性股関節症
  • 変形性膝関節症
  • 関節リウマチ
  • 関節炎
  • 先天性股関節脱臼
  • 股関節・膝関節外傷
  • 骨壊死

手の疾患

  • ばね指
  • 関節リウマチ
  • 腱損傷
  • 末梢神経損傷
  • 手の外傷

骨・軟部腫瘍

  • 骨肉腫
  • 軟骨肉腫
  • 悪性線維性組織球腫
  • 脂肪肉腫
  • 脂肪腫
  • 血管腫
  • 神経鞘腫
  • 転移性骨腫瘍

骨折等外傷

  • 手術が必要な外傷

当院整形外科の特長的な治療技術

  • 最小侵襲での人工関節置換手術として、深屈曲が可能なMIS-TKAやMIS-THAによる手術症例を施行しています。
  • 症例に合わせた股関節アプローチ(PL、AL、DAA)を選択しています。
  • 侵襲の少ない関節鏡視下手術(主に膝)を施行しています。
  • 関節リウマチに対する生物学的製剤を含めた新しい治療を行っています。

整形外科の診療内容

整形外科では、おもに骨、関節、筋肉、腱、神経などの運動器に生じる外傷、疾病を対象としています。
例えば、転んでぶつけた、捻った、骨折したなどの外傷。スポーツをやり過ぎた後に足や膝が痛くなったなどオーバーユース(使いすぎ)によるもの。また、年齢とともに徐々に膝が痛くて階段がつらいといった機能障害、腰から脚まで痛くてしびれるなどの変性によるものなどを治療の対象としております。

寝たきりの原因 第3位は「骨折」

若い方は事故などの強い外力によって骨折しますが、高齢者の方は骨粗鬆症により骨が弱くなっているため、腰の高さからの転倒などちょっとしたことでも骨折をするケースが少なくありません。このような骨折を脆弱性骨折といい、脊椎圧迫骨折、大腿骨頚部骨折、橈骨遠位端骨折、上腕骨頚部骨折の4つに分類されています。

こんな症状はありませんか?

次のような症状があり、「いままでできていたこと」ができなくったり、困ったことがございましたら、整形外科までご相談ください。

  • 関節が痛い
  • 手足がしびれる
  • 動きが悪い
  • 歩きにくい

脊椎外科

日本脊椎脊髄病学会認定医が、患者さん一人一人に合ったオーダーメイドの治療を行っています。
手術治療は、顕微鏡下除圧術、経皮的後弯矯正術、経皮的内視鏡手術など身体に優しい低侵襲の治療も行っていますが、一方で、脊柱再建術や側弯矯正手術などの難易度の高い手術も行えることが強みです。

四肢外傷の治療

腕や脚の骨折・脱臼・捻挫などケガの治療

整形外科の領域では、骨折時の手術までの一時的な処置として創外固定法も行っています。救急搬送については、速やかな入院と早期手術が円滑にできるような体制を整えており、手術後はICUにて、1日全身管理を行っています。

関節外科

手足の関節の治療

腱板断裂に対する腱板縫合術、反復性脱臼に対する制動術など、関節鏡を用いた手術や症例に応じ切開する手術も行っています。
前十字靭帯再建術、半月板縫合・切除術、関節滑膜切除術など関節鏡視下に行います。また、変形性膝関節症に対し、人工膝関節置換術、高位脛骨骨切り術などを行っています。

人工関節・リウマチの治療

日本リウマチ学会認定医が「変形性関節症」「関節リウマチ」を主とした関節の疾患に対し、専門的な治療を行っております。

「人工関節置換術」に関しては、専門的な立場から合併症の対策、手術、リハビリテ-ション、術後経過の診療など、より充実した治療を受けていただけます。また、「関節リウマチ」の疾患に関しては、生物学的製剤の治療や、外科的治療を行っております。

骨粗鬆症の治療とリハビリ指導

骨粗鬆症の薬物治療、腰椎椎間板ヘルニアなど脊椎疾患に対するブロック注射、足関節の関節鏡手術、アキレス腱縫合術なども行います。 また、局所麻酔の小手術は日帰り手術を行っています。ロコモティブシンドローム(運動器症候群)予防のためのリハビリテーション指導も行います。

スポーツ整形外科

スポーツによるけがや故障の治療

スポーツ認定医の朝田医師による外来診療を行ってます。
成長期から高齢者の方まで年代を問わず、スポーツ障害、骨折や捻挫などのケガ全般に対応しています。通院によるリハビリテーションも可能です。

リハビリテーション

術後のみならず、保存療法においてもリハビリは重要です。通院、入院ともに若く活気のあるリハビリスタッフが機能回復のお手伝いをします。
運動器リハビリテーション(Ⅰ)の施設基準を満たしています。

主な診断や検査の方法

MRI

肩、膝、脊椎、筋肉内、皮下の病変には特に診断能力は高く、整形外科では活用されています。

CT

3D(3次元)CTにて、骨の形状や骨折部の立体画像を撮影し手術に役立てています。

DEXA(骨密度測定)

2種類のエネルギーのX線を測定部位に当てることにより、骨成分をほかの組織と区別して測定する方法です。測定する骨は、腰椎、大腿骨頸部などです。測定時間が短く、放射線の被ばく量も少ないという利点があり、骨量測定の標準方法として重視されています。

診療スケジュール

  備考
午前 朝田 山中 第1・3・5週
松村
朝田 手術  
  山中   丸山 山中
午後 手術 手術 手術 手術 手術 手術