メディア掲載情報
HOME > 活動取り組み > 院内イベント

院内イベントについて

院内イベントについて

日時 イベント名 出演
1月24日(水) 新春コンサート 四季大香
2月23日(金) 春待ちコンサート Trio SEA
3月19日(月) オカリナコンサート オカリーナ・アミカ
4月18日(水) ひだまりコンサート 大塚 弥生、堂本 澄子、
三木 一平
5月21日(月) 昭和歌謡ピアノコンサート 吉原 千景
6月27日(水) 雨上がりのコンサート 米倉典子・安永暁子・大串修
7月18日(水) コーラスコンサート カナリア
8月21日(火) サマーコンサート 神戸木管五重奏団
9月21日(金) L.V.Sハートフルコンサート Ladies Vocal Society
10月3日(水) 秋のマリンバコンサート ウッドゥン・エコー

7月18日(水) コーラスコンサート

週に一度、40~80代の幅広い世代のメンバーが集まって、明るく楽しく歌っています。結成間もないヒナのような「カナリアコーラス」ですが、日頃の練習の成果を発揮しパワーをお届けできたらと思っています。皆様とのひと時を楽しみにお待ちしています。

レイアウト用(消さないでください)

8月21日(火) サマーコンサート

1993年、神戸にゆかりのある音楽仲間5人により神戸木管五重奏団を結成。1996年、ギターが加わり、「ギターと木管五重奏」という新しい形のアンサンブルとして現在に至っています。メンバーの職業は会社員・公務員・教員・主婦とさまざまで、お互いの仕事のスケジュールを調整して、月に1~2回練習しています。私たちは音楽の専門科がいないシロウトだけのグループなので、演奏にはお聞き苦しい点も数多くあると思いますが、メンバー全員が音楽をこよなく愛し「長く(いつまでも)、細く(頑張りすぎず)、楽しく」をモットーに活動を続けています。神戸百年記念病院でも1996年より毎年「サマーコンサート」と題し演奏させていただいております。

今後も、聴いていただく方に楽しんでもらえるような演奏会をする為に6種類の楽器の音色と6人の演奏家の個性を生かしながら、一体感のある演奏ができるようにしていきたいと思っています。

メンバー紹介
フルート:越後 由紀子
オーボエ:金崎 正規
クラリネット:新見 朋一
ホルン:玉嵜 一彦
ファゴット:越後 洋一
ギター:亀野 良樹

レイアウト用(消さないでください)

9月21日(金) L.V.Sハートフルコンサート

「Ladies Vocal Society」レディース ヴォーカル ソサイエティー

2000年3月結成。指揮・音楽監督を務める矢田正一(兵庫県合唱連盟副理事長)の「質の高い演奏・ダンス・手話・朗読・演技・ハンドベルなどで、ボランティア活動を行いたい」という願いのもとに集まったメンバーで構成されています。

おもに阪神間の病院・老人施設・特別支援学校での活動のほか、2001年フェスティバルホールでの「阪神大震災復興祈念コンサート」「楽団あぷあぷあ特別演奏会~水本誠 ふれあいの世界」に出演。

2002年・2003年に神戸朝日ホールでのリサイタル「神戸・母の日コンサート」、2005年・2006年には西宮・アミティーホールでのリサイタル「女声コーラスの魅力」などに出演。2009年には「平成21年度 神戸市社会福祉大会(主催:神戸市・神戸市社会福祉協議会・神戸市民生委員児童委員協議会)」において神戸市社会福祉協議会理事長感謝状を授与。

2010年3月28日神戸文化ホールにて「創立10周年記念コンサート」を開催しました。

レイアウト用(消さないでください)

10月3日(水) マリンバコンサート

ウッドゥン・エコー

私達、「ウッドゥンエコー」はマリンバ2人・ピアノ1人のマリンバアンサンブルグループです。
マリンバは大形の木琴です。木琴と言っても卓上木琴や小学校にある立奏木琴を思い浮かべられたら、ちょっとイメージが違うかもしれません。とても大きくて、右に左に動きながら演奏します。グループ名の「ウッドゥンエコー」は”木の響き”を大切に奏でお届けしたい・・という想いで名付けました。

演奏する曲は昔懐かしい日本の歌から、クラシックの名曲まで、一度は耳にしたことのある楽しい曲を集めました。どうぞ”観て””聴いて”ごゆっくりお楽しみくださいませ。

レイアウト用(消さないでください)