診療科、部署の紹介
HOME > 診療科のご案内 > 外科のご紹介

外科

消化器疾患を中心に乳腺・ヘルニア・痔疾患等まで第一線の病院として、年間450~500例の手術を行っております。消化器疾患は県下でも早期より鏡視下手術(腹腔鏡下)を導入し安全を配慮のうえ、低侵襲・短期入院での治療を積極的に行ってきています。
乳腺疾患は県下最多のマンモグラフィー検査数をはじめ、検査から手術・抗癌剤・ホルモン療法・放射線照射まで一貫した治療を提供しています。又平成21年2月より内痔核・注射療法も開始いたしました。(詳しくは外科西尾外来まで) さらに当外科の特徴として消化器内科・人間ドックとの密な連携により敏速で病期に応じた適切な治療を提供しています。
詳しくは、消化器センター をご覧ください。

外科系の専門医制度を連携した症例データベース参加について

主な医療設備

手術室5室、内視鏡検査室4室、鏡視下手術システム2台

学会施設認定

日本外科学会修練施設、日本消化器外科学会専門医修練施設、日本がん治療認定医機構認定施設、日本乳癌学会認定関連施設、マンモグラフィー制度管理委員会認定施設

医師のご紹介

診療スケジュール

取り扱っている主な疾患

消化器疾患(癌・良性)、肝・胆・膵疾患(癌・良性)、乳腺疾患(癌・良性)、ヘルニア(鼠径・大腿・腹壁・臍)、肛門疾患、虫垂炎、下肢静脈瘤、一般外科

レイアウト調整(消さないでください)

検査・治療の特徴

  • ①消化器疾患(食道・胃・十二指腸・大腸・肝・胆・膵)は人間ドックの予防医学をはじめ、消化器内科と連携をもって各種検査を含め、疾患の病期に応じた内視鏡治療や腹腔鏡手術等の最新な治療を提供しています。
  • ②肛門疾患は手術療法に加え内痔核ジオン注射療法を行っています。
  • ③鼠径ヘルニアをはじめ腹壁・大腿・臍ヘルニアに対し腹腔鏡手術等を加えて最適な治療を行っています。
  • ④下肢静脈瘤は検査から一貫した治療を行い、短期入院にて美容的にも最適な治療法を提供しています。
  • ⑤乳腺疾患は人間ドック・乳癌検診・一般患者に対し、マンモグラフィー・超音波検査等の検査から一貫した治療を提供し、縮小手術、さらに放射線治療・化学療法・ホルモン療法の集学的治療を行える施設です。

症例数・手術実績

2017年(平成29年)
悪性
疾患
良性
疾患
(鏡視下手術)
食道疾患 0 1 1 0
胃・十二
指腸疾患
5 5 10 5
大腸・小腸
疾患
20 6 26 16
虫垂炎 0 11 11 11
肛門・
痔疾患
0 18 18 0
直腸疾患 9 0 9 9
肝臓疾患 0 0 0 0
胆嚢・
胆道疾患
0 56 56 55
膵臓疾患 0 0 0 0
脾臓疾患 0 0 0 0
ヘルニア
手術
0 49 49 46
下肢静脈瘤 0 0 0 0
乳腺疾患 13 0 13 0
その他 15 24 39 2
合計 62 170 232 144

診療スケジュール

  備考
午前 西岡 西岡

西
小林 日高 西岡

小林
第2週
西岡

第4週
交代
 
午後 西 - 日高 - -