診療科、部署の紹介
HOME > 診療科のご案内 > 和漢診療科のご紹介

和漢診療科

和漢診療科では東洋医学と西洋医学の双方の立場から、「洋の東西を問わず最善の治療を提供する」「西洋医学と東洋医学の癒合」を目指しております。
漢方薬を用いた診療が中心ですが、必要に応じて血液検査、腹部エコー、内視鏡、CT、MRIなどの検査や最小限の西洋薬を併用しながら治療を行っております。
漢方薬には、漢方製剤(エキス剤)と生薬(煎じ薬)がありどちらでも自由に選択することが出来ます。いずれも基本的には保険診療を行っています。

学会認定施設

  • 日本東洋医学会研修施設

医師のご紹介

診療スケジュール

取り扱っている主な疾患

《こんな時には漢方を!》

次のような時に漢方治療が有効な場合があります。

  • ①現代医学的には原因や治療法が確立していないもの
  • ②副作用などで現代医学の治療法が受けにくいもの
  • ③心と身体の異常が絡み合っている病気
  • ④多愁訴の方または高齢者

具体的には次の様な疾患に対して、漢方薬単独あるいは西洋薬と併用することにより効果が期待されます。

  • 1)消化器:慢性胃腸炎、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、慢性肝炎、慢性膵炎など
  • 2)呼吸器:気管支喘息、慢性気管支炎など
  • 3)内分泌・代謝:糖尿病、高脂血症、肥満など
  • 4)膠原病:関節リウマチ、強皮症など
  • 5)腎:慢性腎炎、慢性腎不全、ネフローゼ症候群など
  • 6)循環器:心臓神経症、一部の不整脈など
  • 7)脳神経:神経症、てんかん、自律神経失調症、脳血管障害後遺症、末梢神経障害、頭痛など
  • 8)皮膚科:アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、慢性湿疹、乾癬、脱毛など
  • 9)耳鼻科:アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎、めまい、メニエール氏病など
  • 10)眼科:白内障、眼精疲労など
  • 11) 泌尿器:慢性膀胱炎、排尿障害、失禁など
  • 12)整形:変形性関節症、肩こり、腰痛、こむらがえりなど
  • 13)産婦人科:更年期障害、月経困難症、不妊症など
  • 14)その他:風邪、倦怠感、微熱、冷え症、食欲不振、虚弱体質、不眠など

検査・治療の特徴

漢方では「四診」といわれる診察から得られる情報をもとに、東洋医学的な見方で分析して漢方薬を決定します。患者の訴えを聞く(問診)のほか、脈診、舌診、腹診を重視します。
こうした古来からの診察のほか、下記のような治療機器を併用することがあります。

《電気温鍼》

背中の「ツボ」に鍼を刺し、その上から電気温熱器で温めることで、効果の増強や持続が期待できます。次のような目的で用います。

  • 1)冷えの程度の診断:温度調節を出来るので、適切な温度を知ることで冷えの程度を調べることが出来ます。また、一見冷えがなさそうな人でもこの検査を行うことで、冷えが見つかることがあります。隠れた冷えを改善することで体調が良くなります。
  • 2)治療目的:冷え症以外にも肩こり・不眠・腰痛など温めることで、症状が改善されることがあります。
電気温鍼電気温鍼

診療スケジュール

  備考
午前 堀江
(一部予約制)
堀江
(一部予約制)
堀江
(一部予約制)
堀江
(一部予約制)
新澤
(予約制)
堀江
(一部予約)
第2・4週
堀江(予約制)
山本(予約制)
休診医

5/13(金)終日休診 5/14(土) 堀江


*午後の診療開始は13:30~
*金曜日のみ          
初診10:30で受付終了
再診11:00で受付終了
* 山本 診療開始は9:30~
午後 堀江 堀江   堀江