部署のご紹介|臨床検査部
HOME > 診療科のご案内 > 臨床検査部のご紹介

臨床検査部

臨床検査部の理念

取り組み

臨床検査科は、患者さまの血液や尿などを用いた検体検査や、直接患者さまの体を使った生理検査を実施しています。これらの検査で得られた情報を的確に医師に提供し、病気の早期発見、経過観察、治療効果の判定などに貢献できるよう取り組んでいます。
さらに、患者さまの病院滞在時間をできるだけ短縮し負担を軽減できるように、正確で迅速な検査を実施しています。また、生理検査では、一部の予約検査を除き、可能な限り診察当日に検査を受けて帰院していただけるよう取り組んでいます。

1.診療・治療支援

  • データの迅速報告   検査結果が必要な時に、手元に
  • 専門外来への参画    乳腺超音波実施時の外科医師との連携

2.看護支援

  • 採血業務の全面協力   外来、病棟における早朝・日中採血の実施
  • 外来各科における諸検査の積極的な協力   眼科・耳鼻科・内視鏡など
  • 人間ドックにおける身体測定を含む諸検査の実施

3.医事支援

  • 人間ドック事務業務の支援   カルテ準備・ドック手帳作成など
  • 連携医院・病院の検査依頼業務のサポート

臨床検査科で実施している検査

1.検体検査

  • 血液、尿、便、胃液、粘液などの検体を使って病状を把握する検査です。
  • 尿・便などの一般検査:尿の成分を調べ、腎臓や肝臓の異常をチェックしたり、消化器の異常を診たりします。
  • 血液学的検査:採血して、血液中の成分の赤血球、血色素から貧血程度、白血球の多さから炎症の程度、白血病などを検査します。
  • 生化学的検査:血液中に含まれる糖質、蛋白質、脂質、酵素などを調べ、各臓器の異常を検査します。
  • 免疫血清学的検査:微生物やウイルスの侵入に抵抗する体の免疫機能の状態を測定しています。
  • 微生物学的検査:微生物には、病原性大腸菌O-157やMRSAなど数多くの種類があります。これらを培養して検出し、さらに検出された微生物にどのような薬剤が有効か判断する薬剤感受性検査も実施します。
  • 輸血関連検査:安全な輸血を行うため、血液型検査や交差適合検査などを行います。
  • 病理検査:手術や内視鏡検査で取り出された臓器や組織を薄く切り、特殊な染色したり、喀痰や尿などの中に剥がれて出てきた細胞を顕微鏡で観察し、悪性の細胞が出現していないか検査しています。

2.生理検査

  • 直接患者さまの身体に器具を装着して検査を実施。
  • 心臓系検査:心電図、心音図、脈波、負荷心電図等を実施し、心臓系を調べます。心筋梗塞、心不全などの診断に利用します。
  • 超音波検査:身体に超音波を当てて各種臓器の状態を検査します。腫瘤、結石など異常を診るのに利用します。
  • 呼吸機能検査:思いっきり息を吸ったりはいたりしてその記録を取ります。肺の病気を診断します。
  • 熱画像(サーモグラフィー):身体の表面温度の変化をカラー表示し、熱分布により異常を診ます。
  • 脳波検査:頭皮上に電極を付けて脳から出るα波、β波などの電気的信号を脳波計で記録します。脳神経の病気、平衡機能検査等に用いられます。
  • 誘発筋電図検査:末梢の知覚神経や運動神経、聴覚神経などに電気的な刺激を与えて、その記録をとります。手足のしびれの原因や聞こえに異常がないかを検査します。
検査機器