認知症疾患医療センター
HOME > 診療科のご案内 > 認知症疾患医療センター

認知症疾患医療センター

ごあいさつ

平成29年1月、当院は神戸市から認知症疾患医療センターの指定を受けました。
認知症疾患医療センターとは、都道府県や政令指定都市が指定する、認知症に関する専門医療機関で、認知症の鑑別診断や相談業務・認知症の周辺症状や身体的合併症に対する対応・認知症についての関係機関との協議会や研修会等の開催などを担います。
平成30年1月現在、神戸市では当院を含め5か所が指定を受けています。

当院では、医師及び臨床心理士・精神保健福祉士などの専門スタッフが協働して診療を行っております。

認知症疾患医療センターの役割

業務内容

  • ・鑑別診断とそれに基づく初期対応
  • ・行動・心理症状と身体合併症への急性期対応
  • ・専門医療相談
  • ・情報収集・提供
  • ・認知症疾患医療連携協議会の設置及び運営
  • ・かかりつけ医等,医療・介護従事者等への研修の開催

鑑別診断とそれに基づく初期対応

認知症疾患医療センターでは、認知症の診断を行い、日常生活の状況や、他の身体疾患等の状況等も踏まえ、総合的に評価を行うとともに、関係機関との情報の共有化を図り、医療、福祉、介護の支援に結び付けていきます。 診断後は、ご本人のかかりつけ医と連携を図り、日常の診療かかりつけ医が担当することが基本となります。

当院における認知症鑑別診断

当院における認知症鑑別診断

診療の流れ

診療の流れ

行動・心理症状と身体合併症への急性期対応

認知症の身体合併症や周辺症状の治療について、認知症疾患医療センターで受け入れるほか、地域の医療機関と緊密な連携を図り、地域全体で受け入れる体制をつくっていきます。

専門医療相談

認知症疾患医療センターには、専門医療相談部門を設置し、認知症に関する専門知識を有する精神保健福祉士等を配置しています。 この専門医療相談部門では、本人、家族、関係機関(地域包括支援センター、区役所、保健所・保健センター、介護保険事業所)から認知症に関する医療相談に対応するとともに、状況に応じて、適切な医療機関等の紹介を行います。

情報収集・提供

認知症に関する正しい知識をご理解いただくための情報発信を行います。ホームページの他、パンフレット等でも認知症疾患医療センターの情報発信をいたします。

認知症疾患医療連携協議会の設置及び運営

地域の医療機関、地域包括支援センター、区役所、保健所・保健センター等の関係機関、家族介護者の会との連携を図るため、認知症連携協議会等を開催し、地域において関係者が密接に連携するネットワークづくりに向けた検討を行っていきます。

かかりつけ医等,医療・介護従事者等への研修の開催

認知症疾患医療センターの院内においては、専門的な知識・経験を有する医師・看護師の育成に努めていくとともに、地域においては、かかりつけ医などの医療従事者や介護・福祉関係者の認知症対応力の向上を図るための研修等に取り組んでいきます。

ご紹介、受診について

認知症外来は完全予約制です。
原則かかりつけ医からの紹介となります。(診療科目は問いません。)
予約調整でご希望に添えない場合がございます。
詳しくは認知症疾患医療センター直通電話(078-681-5551)までご相談下さい。

専門医療相談について

  • ・最近、家族のもの忘れが気になる
  • ・認知症の診断や治療が知りたい
  • ・介護保険や社会サービスについて知りたい
  • ・現在、認知症の家族の介護で困っている

このような認知症に関する専門医療相談は、認知症疾患医療センターへご相談ください。

神戸百年記念病院
神戸市認知症疾患医療センター
電話受付:月曜日~金曜日(祝日除く)9時~15時
TEL:078-681-5551