このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

HOME > 診療科のご案内 > 心臓リハビリテーションセンター

心臓リハビリテーションセンター

水谷 和郎

内科医長 水谷 和郎

私たちは、病気にかかると病院を受診し、治療回復してゆきます。
しかし、心臓の病気では「回復=生活が元通り」となることは、非常に稀です。
心臓の病気をされたことで、
再発するかもしれない、
体力・気力が落ちてしまった
薬を飲み続けなくてはいけなくなった
食生活を変えなくてはいけなくなった
定期的に受診しなくてはいけなくなった
など、病気から回復しても、生命に直結する心臓や血管の病気だからこそ、様々な心配や不安が生まれてきます。
このような心配や不安を軽減し、心臓の病気をされた方が充実した日常生活を取り戻すための治療が「心臓リハビリテーション」です。
いまや、心臓の病気を治療する上で、欠かせないプログラムとなっています。

最近まで心臓の病気で入院されていた方、長年心臓の病気とお付き合いされている方は、入院医療機関の主治医、かかりつけ医、もしくは当院循環器内科医へ一度ご相談ください。

当センターでは、急性期の心疾患治療を終えられた方を対象とした回復期の心臓リハビリテーションを実施しています。 大きな特徴として、『心リハ入院プログラム』というものを実施しています。これは、15日間(もしくは8日間)の入院期間で、心臓リハビリテーションを決められたプログラムに沿って受けていただく内容となっており、その後も外来心臓リハビリテーションの継続も可能となっています。 そして、多職種(医師・看護師・コメディカルなど)でのチームアプローチにより、患者さま一人一人に合った心臓リハビリテーションを提供しています。

心臓リハビリテーションセンター

心臓リハビリテーションって何ですか?

心臓リハビリテーション

心臓リハビリテーションは、運動療法・食事療法・心理療法・教育・生活習慣の見直しなどからなる総合的なプログラムで、心疾患治療の中でも欠かせないものとなっています。

効果
①心臓にとって有害となる因子を改善する
②体力を向上させる
③息切れなどの自覚症状が軽減する

心疾患の再発予防 生活の質(QOL)の向上

どんな人が対象になるのですか?

以下に該当する方が対象となります。

主な対象者

  • ・心筋梗塞や狭心症の治療をされた方
  • ・心臓の手術をされた方
  • ・心不全と診断されたことがある方
  • ・末梢動脈閉塞性疾患のため歩くと足の痛みが増す方

以下にあてはまる方は、適応についてまずは主治医にご相談下さい

  • ・動くと息切れや胸痛の出現する方
  • ・高血圧や不整脈があると言われたことのある方
  • ・下肢がむくみ急激に体重の増えた方