ご利用案内 神戸百年記念病院
HOME > 病院のご紹介 > 院長挨拶

院長挨拶

院長就任

理事長挨拶

神戸百年記念病院 院長
神戸百年記念病院 院長 佐野 博志

平成27年10月1日より楠前院長の後任として、院長に就任いたしました。伝統ある神戸百年記念病院の名に恥じぬよう、力の及ぶ限り職員一同と共に努めてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
現在日本の医療は、2025年問題に向って医療提供体制の準備を進めています。といいますのも、団塊の世代が75歳以上となる2025年には医療・介護等の医療需要がピークに達し、現在の医療体制では立ち行かなくなるからです。
その改革が「住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けられるように、住まい・医療・介護・予防・生活支援を一体的に提供する仕組み」である「地域包括ケアシステム」の構築です。そしてこの基盤となるのが、各医療機関が機能を役割分担し地域完結性医療を実現させようとする「地域医療構想」で、現在、各地域ごとに進行中です。
将来、神戸百年記念病院がどのような病院機能を担おうとも、私達は病院理念である「地域になくてはならない病院になる」ことを変わることなく達成していきたいと考えています。今後もチーム医療を通じて安全で良質な医療を提供し、地域の皆様より信頼される病院を目指したいと思います。皆様のご支援、ご協力をお願い申し上げます。

経歴

  • 昭和49年 神戸大学医学部 卒業
  • 昭和55年 神戸大学大学院医学研究科 修了
  • 昭和60年 神戸大学第一内科 助手
  • 昭和62年 神戸大学第一内科 講師
  • 平成03年 三田市民病院 内科部長
  • 平成10年 三田市民病院 副院長
  • 平成20年 三田市民病院 院長
  • 平成21年 三田市民病院 事業管理者兼院長
  • 平成26年 神戸百年記念病院健康管理センター勤務
  • 平成27年 病院長