初期臨床医採用情報

初期臨床医

初期臨床研修医募集の概要

当院は身体の臓器・器官を回復させるだけではない精神的・社会的背景も考慮した心の回復にも努める、いわゆる全人的医療を志向しており、医療の基本思想であるQuality of Life(人生の価値評価)を重視し、細部にいたるまで患者様本位の思想で貫かれた医療サービスを展開しています。

初期臨床研修の目的と理念



私たち医師は当面の患者さんを診て、身体の何所がわるいのか、今どの様な異常を来して いるのか、このまま自科で対処するのか、或いは他科の診察が優先すのか等の判断、所謂 トリアージのできることを要求されます。

そのために診療現場で経験を重ねることにより、プライマリー・ケアーに必要な診療技術と知識を体得する事が大切です。その上患者さんとの係わり方、看護師や各種コメデイカルとのチーム医療に於ける医師としての責務、診療体系の組み立てができる医師の育成を目的とした教育を目指しています。通常医療を生業として世に認められる医師になるには医学知識としてのMedical Science、実践に必要な技術としてMedical Technique、それを実行するMedical Practiceが基本要因となります。その上臨床の場では患者さんに対して全人的医療を行うことが要求されますから言い換えればMedical ScienceとArtを駆使し、患者さんの納得される医療を提供しなければなりません。

遵って初期臨床研修医は、個々の専門領域における医学・医療につき学習する前に、各科共通の基本を学習することは必須であり、 Primary care、救急医療を通じての緊急対応措置などの習得が求められます。

この目標に沿って神戸百年記念病院での臨床研修は、先ず特定の診療科のみに限定されず、広く臨床医として迅速、正確な判断と治療方針の確立等のできる診療指導を行います。標準的なプライマリーケアのできる診療能力を習得した後、各診療科の専門的知識・技術の習得に進んで頂きますが、これと平行してArtの根幹である患者さん各々の環境的要因に注目した心理的・社会的因子の影響などを考慮した診療計画を立てれる医師の社会性についても指導いたします。

初期臨床研修の特徴

①地域との密接な関係を保ち、かかりつけ医との連携についても実践する事になります
当院は、「地域になくてはならない病院」を理念に掲げ、地域の患者様がいつでも安心して受診できるような診療システムを執っていますので研修期間中に日常診療で高頻度に遭遇する幅広い疾病を経験し、それに対応する能力や心くばりを身に付ける事になります。
②地域の2次救急医療を担当します
当院は地域医療を担い24時間体制を採っています。時間内救急医療を上級医と共に担当し、夜間救急は副直として指導医の指導を受けながら、救急搬送患者の緊急度、重症度を確実に把握する訓練と広範囲な疾患に対応する能力を身に付ける事になります。
③中規模の総合病院であるため、各診療科間の交流がスムーズで懇切な研修が可能です
内科系は細分化することなく総合内科としての体制を執っていますので幅広い疾患に対処する診療能力を身に付けるとともに、各領域の専門家の指導のもと専門医療の研修も可能です。また、研修医1名に指導医1名が担当し、細やかな指導を基本としています。
④病理解剖を重視します
画像診断の進歩により剖検の意義が薄れたとする向きも有りますが、病理解剖は死亡に至った病態の過程を正確に理解し反省することができ、その情報を今後の医療に活かすことこそが医療の質を高めるために必要と考えます。また、剖検の了解を得るためには患者本人および家族との信頼関係の構築が大切であることは云うまでもありません。
⑤Co-Medicalとの協調、援助によるチーム医療を基本とします
会議に参加するとともに、リーダーシップをとる医師としての人格の涵養も必要です。