神戸百年記念病院TOPページ facebook|神戸百年記念病院
スタッフインタビュー 看護師|看護師採用情報
― ―

スタッフインタビュー

スタッフインタビュー

  • プリセプターシップ

    マンツーマン指導で共に成長Open or Close
    2014年入職(神戸常盤大学卒)
    プリセプティ

    7階病棟
    2014年入職(神戸常盤大学卒)

    新人看護師として仕事内容や疾患の理解など覚えることが沢山あり、悩むこともありましたが、プリセプターの先輩は私の相談を親身に聞いて下さいました。職場の先輩方が私たち新人看護師を温かく見守って下さっているので、少しずつ職場に慣れ、充実した毎日を送ることができています。こういった職場環境は、私たちにとって本当に恵まれていると思います。

    2011年入職 (甲南女子大学卒)
    プリセプター

    7階病棟
    2011年入職 (甲南女子大学卒)

    指導にあたっては、プリセプティの後輩がどのように考えているのかを、まず表現してもらうことを心がけています。自分で考え、体験したことが記憶に残り、身についていくものだと考えているからです。このことは、自分で考えていく訓練になるだけでなく、自己効力感に繋がり、仕事に対するモチベーションを上げることに繋がると考えています。

  • 研修を終えて 新人ナースインタビュー

    まだまだ余裕はないけれど笑顔と丁寧な看護で一生懸命頑張りますOpen or Close
    2014年入職 (兵庫県立大学卒)

    6階病棟
    2014年入職 (兵庫県立大学卒)

    当院に就職して、安心できたことのひとつに新人教育制度があります。当院は、1年間を通して、ほぼ毎月のように院内研修が開催され、専門・認定看護師の方々や、教育委員の先輩看護師による研修を勤務時間内に受けています。
    講義や技術練習のほか、仲間とのグループワークなどでは盛り上がり、ストレス発散にもなりました。
    この1年間で様々な分野の研修を受けることができました。
    私は現在、外科系の病棟で勤務していますが、部署内でもプリセプターの先輩看護師を中心に、術後の管理や夜勤の仕事など丁寧に教えて下さいました。私ももうすぐ先輩となります。時間をかけて学んだことを少しずつ実践に活かしてステップアップしていきたいです。

  • 先輩看護師からのメッセージ

    心強かったプリセプターの存在 オンとオフの切替えがしやすい環境が私にピッタリな職場ですOpen or Close
    2012年入職 (神戸常盤大学卒)

    西3階病棟
    2012年入職 (神戸常盤大学卒)

    私が就職活動中に当院を選んだのは、担当の先生に勧めていただいたことがきっかけでした。
    入職後は、プリセプターの先輩が新人一人一人のペースに合わせて教えてくださり、とても心強く感じました。
    また、院内外を問わず様々な研修会に参加させていただく機会があり、積極的に参加しました。また、職場環境は休日とのon-offのスイッチの切り替えがしやすく、働きやすさのポイントだと思います。

  • 元気になった患者様の退院時 看護師としてのやりがいと喜びを感じられますOpen or Close
    2012年入職 (神戸市医師会看護専門学校卒)

    5階病棟
    2012年入職 (神戸市医師会看護専門学校卒)

    整形外科病棟は命にかかわる重症患者様の看護は少なく、手術とリハビリで元気になって退院される患者様が多いです。回復し、患者様の退院を見送るときに看護師としてのやりがいと喜びを感じます。また、整形外科特有の処置や看護がある中、内科の疾患をかかえた患者様も多く、学ぶことがたくさんあります。時には、看護をしていく中で、悩んで壁にぶつかることもありますが、優しく教えてくださる先輩や、何でも相談し合える同期の支えもあり、大きな励みとなっています。

  • 希望した緩和ケアの病棟で患者様と家族に寄り添える看護をめざしたいOpen or Close
    2012年入職 (甲南女子大学卒)

    6階病棟
    2012年入職 (甲南女子大学卒)

    学生の頃から興味のあったターミナル期・緩和ケアについて学びたい、看護をしたいと思い、緩和ケアをするなら周術期から患者様と関わり最期の時まで継続的に看護ができる外科病棟を希望しました。手術の時から関わっている患者様をターミナル期で看るのは辛い部分もありますが、よく知っているからこそ寄り添った看護ができるのではないかと、学ぶことができました。今後も患者様、ご家族にも寄り添った看護を目指していきたいと思います。

  • 最初は戸惑った手術室勤務 ペースに合わせた教育で成長できましたOpen or Close
    2012年入職 (兵庫県立大学卒)

    手術室
    2012年入職 (兵庫県立大学卒)

    入職してから現在まで手術室で働いています。初めての配属先が手術室になって最初は大変戸惑いました。手術室で行われる看護や修得する知識は、学校では深く習っておらず分からないことばかりでした。しかし、プリセプター以外にも指導者が付いてくださったり、卒後教育もしっかり行われていたりと、教えてもらえる環境が整っています。自分のペースに合わせて指導してもらえたおかげで、今では充実した毎日を送ることができています。


PAGE TOP