神戸百年記念病院TOPページ facebook|神戸百年記念病院
看護部のご紹介|看護師採用情報
― ―

看護部長挨拶

副院長兼看護部長
亀谷 文子

看護はやりがいのある一生涯の仕事です。F. Nightingaleの思想を基軸に、病気を回復過程と定義し、患者様の生命力の消耗を最小にすると共に、持てる力を十分に発揮できるように、療養生活を整えることを看護の目標にしています。新人看護師の皆様は、研修制度により確実にステップアップすることができます。専門領域を目指す方々へは、キャリア開発の支援をします。更に教育専従看護師長が、悩み相談や心のケアに尽力しています。
当院は100年以上に亘り地域医療を担って参りました。今後も医療情勢に応じた医療・看護を安全に提供し、安心と信頼を得る「地域になくてはならない病院になる」ことを目指します。

― ―

看護部の目標

「安心・安全で信頼される質の高いサービスの提供と
チーム医療における看護職の役割を果たす」

ますます高度化する医療と看護の重要性がクローズアップされるなかで、
私たちは患者様の人間性を尊重した温かい看護ができるように心がけています。
また、病院の機能分化に伴い急性期病院としての役割を重視しています。

  • 1、あらゆるケースに即応できるケアを提供するために看護実践能力を育成する。
  • 2、患者様の権利の尊重と看護者の倫理綱領を重視しプロ意識を持つ。
  • 3、急性期病院としての役割を果たすために効率的なベッドコントロールを図る。
  • 4、組織人・社会人としての人間関係調整能力・コミュニケーション技術を培う。
  • 5、変化する社会、医療・看護に関心を持ち、専門職能団体として自律心を培う。
― ―

五つの心得

看護職として働く上でプロフェッショナルとして
大切にしていること

  • ● 明るく、礼儀正しくすること。
  • ● 相手の立場に立って医療・看護を実践すること。
  • ● ベストを尽くし信頼されること。
  • ● 各々の義務・使命を遂行すること。
  • ● 創意・創造・工夫に心がけること。
  • *日本看護協定提唱の看護職者倫理網領は、当院看護部でも基本姿勢としています。
― ―

看護部勤務体制

看護配置7:1
看護単位8単位(病棟部門4単位、外来部門、手術部門、人間ドック、地域医療連携室)
勤務体制[病 棟] 変則二交替
[外 来] 日勤(土・日・祝祭日に日直、宿直あり)
[手術室] 日勤(夜間・土・日・祝祭日オンコール当番制)
*勤務体制についての詳細はナースの一日と1週間をご覧ください。
看護提供方式病棟 固定チームナーシング
看護記録フォーカスチャーティング
― ―

看護部6つの特徴

患者様と心かよわせる看護を実践しています。

1院内トリアージ

「トリアージ」というと、災害時のものとイメージされがちですが、救急外来などでは日常的に行われています。院内で行うトリアージの目的は、緊急度と重症度の判断で、全て看護師が行っています。受診される全ての患者様に安全と安心・安楽をもって医療・看護が提供できるよう努めています。

院内トリアージ

2看護師との生活相談

生活習慣病の予防と健康寿命の延伸を目指し、「肥満・朝食・間食・運動・喫煙・飲酒・睡眠(ブレスローの7つの生活習慣)、栄養、塩分、ストレス」という10項目の基本情報をもとに、受診者自身がライフスタイルに合わせた改善方法を自己決定できるよう、一緒に考える協同作業が生活相談です。

看護師との生活相談

3外来がん化学療法

患者様が安全に安心して有効な化学療法治療を受けることができるよう、医師・看護師・薬剤師・その他多職種との連携を密にとりながら情報を共有し、より良い治療・看護ができるよう心がけています。患者様の心と身体に寄り添いつつ、落ち着いた空間で質の高い温もりのある看護を提供しています。

外来がん化学療法

4看護外来
(ストーマ・フットケア・透析予防)

看護外来では外科・泌尿器科に関連したストーマ外来と、糖尿病に関連したフットケア外来・透析予防指導外来をしています。医師や管理栄養士、病棟看護師と協働してケアや日常生活指導を行っています。外来から入院、そして外来での長期の関わりが信頼関係を築き、継続した看護を行えるようにしています。

看護外来

5地域連携拡大
カンファレンス

地域包括ケア病床を持つ病棟において、地域連携室看護師、MSW、看護管理室師長、専従理学療法士、病棟師長、主任看護師により、毎週1回、患者様とその家族が、安心して住み慣れた地域へ退院していただけるよう調整を図ります。ケースによって、主治医、往診医、訪問看護師などに参加していただきます。

地域連携拡大カンファレンス

6周術期看護

術前から手術患者様と関わり、術中はもちろん術後にも患者様の状態を確認し、看護を振り返ることで周術期看護の質向上に努めています。麻酔専門医や各科専門医も在籍している当院での周術期看護は、非常に充実しています。学会や研修会へも積極的に参加し、新しい情報を得て現場に活かしています。

周術期看護
― ―

看護部委員会活動

看護部では9つの委員会があり、常に業務の見直し改善を図ることにより、安心・安全を保障する質の高い看護を目指します。

安心・安全を保障する質の高い看護を目指します
卒後教育委員会臨床経験年数別教育目標の達成に向け、教育の企画・運営・評価を行い、新人看護師卒後教育や経年者のキャリア開発を支援しています。
記録委員会看護実践の過程を記録できるように看護記録基準の見直しを行うとともに、基準に沿った記録が書けるように記録監査の実施や記録の研修会など行っています。
看護基準・手順委員会看護基準・看護手順・検査基準の整備や看護手順の監査、看護技術の研修などを実施し、看護業務の標準化・質の向上に努めています。
医療安全委員会毎月、各部署で発生したインシデント・アクシデントを集計し、情報の共有化を図るとともに改善策の検討や事故防止対策の周知徹底に努めています。
感染対策委員会ICTと連携し、院内感染対策の推進や啓蒙活動を行っています。また、ラウンドなどを通して院内感染対策の現状を把握し、問題解決に向けての提案や指導を実施しています。
褥瘡対策委員会ハイリスク患者の褥瘡予防や褥瘡発生患者様のケアの実践・評価、褥瘡に関する研修会の企画・運営を行っています。
接遇委員会朝の挨拶運動や毎月の接遇ポスター作成、研修会の開催などを通して、接遇の向上及び啓蒙活動を行っています。
物品管理委員会安全性・利便性・効率性・経済性を考慮した物品の選定や管理を行うための活動をしています。
災害対策委員会災害時に備え、迅速かつ的確に救援・救助するためのシステムつくりを行っています。


PAGE TOP