神戸百年記念病院TOPページ facebook|神戸百年記念病院
教育プログラム|看護師採用情報

2年目以降は、経験に応じた継続的なプログラムで、専門性を深めていきます。

病院の理念

地域の基幹病院として高度な専門性をもった医療を、提供する病院としての役割と責任を果たす

看護部の理念

病院の理念を基盤として社会の変化や医療の進歩に合わせ、その要求に応じた医療、看護が根拠をもって安全に提供できる看護師の育成を目指している

看護部の教育目標

高度な専門性をもった医療を提供するチームの一員として、一人ひとりが 専門職業人としての責任と役割を自覚し、患者様に信頼される質の高い看護を提供できる看護師を育成する

― ―

臨床実践能力

Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳは、それぞれ独立したものではなく、
患者様への看護ケアを通して統合させるべきものである。

臨床実践能力
― ―

看護部としての卒後教育

看護部としての卒後教育

個個のキャリアプランに基づき個人の意思を尊重してキャリア開発ができるように支援します。

1段階

卒後1年目

  1. ①患者ケアに必要な知識と技術を習得する
    ②指導を受けながら看護実践を展開できる
  2. チームメンバーとしての役割を理解し、責任を持って行動できる
  3. 院内研修に参加できる
  4. 看護研究に関心を持つ
  5. 専門職業人としての自覚を持った行動がとれる
2段階

2年目

  1. 理論的知識と臨床情報を関連付けた看護実践が展開できる
  2. ①日々のメンバーシップとしての役割を果たすことができる
    ②日常の看護業務を自立して遂行できる
  3. 院内研修を看護実践に活かすことができる
  4. 看護研究に協力することができる
3段階

3年目

  1. 個別性のある看護実践が展開できる
  2. ①日々のチームリーダーとしてリーダーシップが発揮できる
    ②各部署の運営についてチームリーダーの補佐ができる
  3. 後輩や学生に指導的に関わることができる
  4. 看護研究に自発的に参加協力することができる
4段階

4年目以上

  1. ①創意工夫のある熟練された看護実践が展開できる
    ②自己研鑽に努め、専門的知識や熟練した技術を対象に提供できる
  2. 各部署の運営にあたり、チームリーダーとして中心的役割を果たすことができる
  3. 各部署における教育的役割が執れる
  4. 看護研究を通して看護の専門性を深めることができる
5段階

6年目以上(ジェネラリスト)

  1. 高度な看護実践が展開できモデル的な看護実践を教示することができる
  2. 各部署で特殊な、または専門的な能力を必要とする役割を果たすことができる
  3. 特殊な、または専門的な能力を必要とする指導的役割を果たす
6段階

中間管理者(師長・主任)

  1. 知識を統合し、全人的、分析的効率的な看護を実践することができる
  2. 各部署を超えて求められる役割を果たすことができる
  3. 組織的な研究活動を実践できることができる

専門領域で活動する看護師

急性・重症患者看護専門看護師人間ドック健診情報管理指導士
感染管理認定看護師化学療法基礎研修修了者
皮膚・排泄ケア認定看護師内視鏡技師
緩和ケア認定看護師栄養サポートチーム講習会修了者
医療安全管理者感染制御スタッフCICS養成講習会修了者
退院調整看護師手術看護実践指導看護師
実習指導者講習会修了者糖尿病療養指導士

救急オリエンテーション

急変時における対応を習得するために、シミュレーションを取り入れた救急研修を継続的に行っています。また、研修内容に関しても臨床能力に応じて段階的に実施しており、全スタッフが救命における知識・技術の向上に努めています。

― ―

活躍するスペシリストと養成

急性・重症患者看護専門看護師

急性・重症患者看護 専門看護師 山本 克英 私が専門看護師の資格を取得したのは、臨床場面で解決困難な事例に数多く遭遇し、その問題や課題を解決していくための看護実践能力を身に付けたいと思ったのがきっかけでした。主な活動としては、救急での看護実践と救急看護や急性期患者のアセスメントに関する勉強会などを行っています。日々、急性期にある患者様に対して質の高い看護が提供できるよう、みんなで取り組んでいます。
これからの看護を担う皆さんの入職を心よりお待ちしています。

緩和ケア認定看護師

緩和ケア認定看護師 小田 恵理がん患者様の症状緩和をどうしたらうまく出来るのだろうと悩む中で、緩和ケアと出会い認定看護師を取得しました。所属部署ではがん患者様を含めた終末期患者の看護をチーム全員で実践しています。疼痛コントロールをはじめ、抑うつなどの精神的な支援を含めて、Total Painの視点で患者様・ご家族をケアしていくことを目標にしています。また、新人看護師対象の緩和ケア研修や、各病棟・外来からの相談にも応じながら、病院全体の緩和ケアの普及に努めています。がん患者様の半数以上は一般病院で治療を受けています。だからこそ一般病院での緩和ケアが大切であると考えています。

皮膚・排泄ケア認定看護師

皮膚排泄ケア認定看護師 清水 弘美皮膚排泄ケア認定看護師 土山 安澄皮膚・排泄ケア認定看護師は2名います。ストーマ造設後の患者様に良いケアを提供したいと思い学びました。ストーマ外来で困っている患者様にケアした後、感謝の言葉をいただき励まされています。褥瘡ケアでは予防から治療的ケアまで医師と相談しながら、看護師でできることと多職種と協力しながらできることを考えています。多職種と情報交換しながら褥瘡が治癒していく状態を患者様・ご家族の方と確認し充実感を得ています。

― ―

サポート体制について

サポート体制について

認定看護
管理者研修

当院では、認定看護管理者に続く道としてのファーストレベル研修を、師長のみならず主任看護師やリーダー看護師も受講しています。そして、受講後は、現場の看護管理でリーダーシップを発揮し活躍しています。更に、セカンドレベル研修、サードレベル研修の受講も支援しています。

専門・認定看護師
教育課程受講

専門・認定看護師を目指し受講する場合、休職扱いではなく在籍したまま長期間の研修を受講することができます。受講費用も全額に近い補助があり安心して受講することができ、水準の高い看護ケアの実践者を育成するために支援しています。

学会・研修費の
助成について

看護協会主催等外部主催の学会・研修会へ積極的な参加を勧めています。勤務は出張扱いで研修費用は病院が補助しています。勤務ローテーションに気兼ねなく、また自己負担無くキャリア開発を支援しています。(参加回数に上限あり)


PAGE TOP