消化器センター

当院消化器センターは、食道、胃、十二指腸などの上部消化管、小腸、大腸など下部消化管や肛門、さらに肝臓、胆嚢、膵臓など消化器領域全般にわたって広く診療を行っております。消化器内科、消化器外科、放射線科の医師約12名で構成されており、それに加えて4名の看護師が診療に加わっております。

診療内容は内視鏡での検査、処置が中心となっています。そのためスタッフの各人は関連学会専門医や内視鏡検査技師の資格を取得しており、受診される方々に最高、最適な医療を提供出来るよう努力しております。

消化器センターの特長

当院では、内視鏡の苦痛軽減を目的に、「意識下鎮静法(conscious sedation)」を導入しています。ご希望に応じて薬剤を使用し、苦痛のない状態で検査や処置を受けて頂けるようにしております。

薬剤の準備が必要ですので、事前の申し込みが必要です。

胃内視鏡と大腸内視鏡が必要な場合

時間的な負担を軽減する目的で、胃と大腸の内視鏡検査を1回のご来院で同時に連続して出来るような体制も採用しています。

詳しくは担当医にご相談ください。

診療方針

吐血、下血などの一刻を争うような救急医療は、常時すみやかに受け入れられる体制をとる一方、慢性肝炎など長期療養を要するような疾患に対しても、適切な診療を受けていただけるようきめ細やかな配慮を致しております。

特に日ごろより心掛けておりますのは、受診される皆様に負担のない治療を行うことであり、内視鏡や超音波を用いた非侵襲的な処置や治療を重視しています。つまり、食道静脈瘤、潰瘍や炎症による消化管出血は勿論のこと、胃、大腸などの消化管ポリープの切除、胆道結石の摘出、胆道閉塞による黄疸の解除などに対し、内視鏡を使って積極的な診療を行っています。

また、同様に食道アカラシアや種々の原因による消化管狭窄の拡張にも内視鏡を駆使しております。さらに、超音波下搾刺術を併用した胆道閉塞による黄疸の治療や、肝臓をはじめとする膿瘍や嚢胞の加療も得意としております。

これらの治療方針により、たとえ入院での治療を受けられる際にも、すべての消化器疾患に対し、入院期間の短縮を常に考慮するなど出来る限り短期の療養を図り、入院治療、外来治療を問わず患者様の早期の社会復帰を目標としております。

また、当院は消化器センターを擁しており、消化器疾患に関連する他科の医師とも常に緊密な連携をとりながら活動しております。

対象とする主な病気

食道
逆流性食道炎、食道アカラシア、食道粘膜下腫瘍
胃・十二指腸
胃がん(早期)、胃・十二指腸潰瘍穿孔、良性腫瘍
大腸
大腸がん(早期・進行)、腸管癒着、腸閉塞、良性大腸疾患(憩室症・大腸ポリープ)、外傷性腸損傷、急性虫垂炎、汎発性腹膜炎
肝胆道系
胆石症(急性胆嚢炎を含む)、胆嚢ポリープ、総胆管結石

検査・診断方法

休診代診

現在、予定されている休診はありません。

夜間・休日診療のご案内

外来担当医師

副院長、消化器センター長、外科部長、栄養部長、地域医療連携室長
西岡 昭彦 (Akihiko Nishioka)

外科、消化器センター

常に進歩し、患者様に優しく確実な治療を目指します。

専門・得意分野 消化器外科 内視鏡外科 胆膵外科 
乳腺外科 ヘルニア 消化器内視鏡検査
略歴 昭和57年 兵庫医科大学卒業 
昭和62年 兵庫医科大学第二外科医員 
昭和63年 兵庫医科大学第二外科講座助手 
平成10年 神戸百年記念病院外科医長
平成14年 神戸百年記念病院外科部長
現在に至る
資格・所属学会
  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器外科学会認定医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医
  • 近畿外科学会評議委員
  • 兵庫医科大学臨床教育教授
  • 兵庫医科大学第二外科講座非常勤講師
  • マンモグラフィー読影認定医

外科部長、消化器センター長補佐
西 憲義 (Noriyoshi Nishi)

外科、消化器センター

前田 彰宏 (Akihiro Maeta)

内科、消化器センター

患者の皆様の訴えに傾聴し、総合的な視点からの疾患全体像の把握、そして疾患の本質を理解して適切な医療を提供できるよう日々精進しております。

専門・得意分野 内科一般
略歴 平成17年 鳥取大学医学部 卒業
同臨床研修センターにて初期研修
平成19年 神戸百年記念病院 内科勤務
現在に至る

堀 博之 

消化器センター

診療科のご案内