重要なお知らせ

新年あけましておめでとうございます。

謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。

一昨年より続くコロナ禍は今だ全世界を覆い尽くし、昨年も社会にとって大変な一年となってしまいました。当院では、いち早く特別感染対策チームを立ち上げ、隔離室の設置、自院での遺伝子検査の導入など、徹底した感染症対策を講じて参りましたが、一時的に医療提供体制の機能低下を余儀なくされる時期があり、患者さまはじめ地域の皆様には多大なご不便とご心配をおかけいたしました。改めてお詫び申し上げます。皆様にはご理解、ご協力を賜り、お陰様で現在では救急受け入れ件数も過去最高を記録するなど、すべての病院機能は完全に回復しております。たくさんの応援のメッセージも頂きました。心より深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

本年は引き続き万全の感染症対策を講じつつ、チーム医療でさらに機能の高度化を図ってまいります。その施策の中心となるのが、各医療センターです。“センター”とは、ある病態、病気に関わる複数の診療科、看護、検査など、多くの部署が協力してチームで医療を提供するものです。これにより診断から治療まで、スムーズに一貫して質の高い医療を提供する事が実現されます。こうしたチーム医療は各診療科や、医療安全、感染対策、栄養サポート、緩和ケアなどの各診療サポート部門でも、よりきめの細かい医療の質の向上に寄与しています。

診療部門では救急センター、内視鏡センター、循環器センター、認知症疾患医療センターがすでに機能を発揮し、多くの患者さまにご利用頂いております。医療を通して、一人でも多くの患者さんに喜んで頂きたい、社会貢献をしたいという私たちの想いに、昨年は全国から専門医師たちが参集してくれました。今年もまた多くの志ある医師の入職が決定しております。今後も各診療科はじめ医療センターは24時間365日、より一層、安心、安全かつ高機能な医療を提供し、地域の方々の健康を守ってまいります。

そして急性期医療を過ぎた在宅療養の患者さまに対しては、神戸百年記念病院附属なだ訪問診療クリニックが間断のない医療を提供し、また、かかりつけ医のある患者さまには主治医の先生とも密に連携し、継続可能で安心できる療養環境を調整いたします。

また支援部門では、地域医療総合支援センターが地域の各機関と連携を取り、医療・保健・福祉を含めた包括的な支援を実施しております。医療面においてご不安、ご心配なことなどありましたら、何でもお気軽にご相談ください。こうして“住み慣れた地域で自分らしい生活が続けられる”という、国の地域医療構想施策にもしっかりと対応する、病院・地域医療機関一体となった医療提供体制を強化致します。

さらに健康管理センターでの健診・人間ドック、また健康相談や公開講座、市民参加型イベント“100年いきいきフェスタ”などを通して、地域の方々に未病の段階から常に寄り添い、地域一体となった健康街づくりに貢献していまいります。

「地域になくてはならない病院になる」という病院理念が100年以上の長きにわたり、私たち神戸百年記念病院では連綿と受け継がれています。“健康に関わるすべてが神戸百年記念病院にある”と、いつもすべての方々に信頼され、満足頂けるよう、職員一同、全力で努力を続けてまいりますことをここにお誓いいたします。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2022年 元旦
       医療法人社団 顕鐘会
神戸百年記念病院
理事長 田中岳史