〈整形外科〉朝田尚宏 院長

ドクターズ・インタビュー〈整形外科〉朝田尚宏 院長

整形外科は対象部位が広いからこそ、オールマイティな医療を提供したい

整形外科は、骨、脊椎、股関節や膝関節、手の外科など、幅広い分野に対応する必要がある診療科です。私は2019年4月に当院へ赴任し、現在は後進への指導も含め、さまざまな術式や治療法を提供しております。

最新の手技も取り入れた脊椎手術&関節手術に対応

頸椎では、高度な手技を必要とする前方固定術に対応。症例によっては前方後方同時固定術を行うことがあります。腰椎は現在、OLIF(側方侵入椎体間固定術)と後方インプラントを併用した前方後方同時固定術に取り組んでいます。出血を少なくできる、腰椎の矯正率が高くなるなどのメリットがあります。
肩関節の手術では、関節鏡下での腱板縫合術と、肩関節を特殊な人工肩関節(リバースショルダー)に置換する手術にも対応しています。
股関節では人工股関節に置換する手術を行いますが、当院では術後の脱臼例が少ない「前側法」アプローチ(OCM法、mini-WatsonJones法)を行なっています。膝関節には最小侵襲アプローチでの人工膝関節全置換術を行います。関節鏡下手術は傷が小さく早期の回復が見込める手術です。

手の外科やリウマチ治療など、専門性の高い治療も行います

手の外科では、「手のしびれ」を主症状とする手根管症候群に対し、関節鏡下での手術を行っています。
またリウマチ治療としては、当院のリウマチ科や近隣の内科等と連携しながら、関節の変形が大きい、強い痛みで日常生活に影響を及ぼすような症例に対し、指の人工関節手術にも対応可能です。
骨粗しょう症については、検査および治療が可能です。DXA法と呼ばれる骨年齢検査を行い、骨粗しょう症が進行し骨折などの症状が見られる場合には、適切な治療法をご提案します。

当科のモットーは、オールマイティな医療を提供すること

当院の整形外科には、日本整形外科学会の専門医およびスポーツ認定医、日本脊椎脊髄病学会の脊椎脊髄病の認定医、日本リウマチ学会の専門医および日本整形外科学会のリウマチ認定医など、専門的なスキルを持つ整形外科医が在籍しています。
なお、当院は二次救急医療指定病院です。夜間の急患(外傷など)にも、当直の整形外科医が対応しています。
当院整形外科では今後も、治療適応がある患者さま、手術をご希望される患者さまへの適切な治療、オールマイティな医療を提供してまいります。

医師プロフィール

院長
朝田 尚宏 (Naohiro Asada)

整形外科

ドクターズ・インタビュー

専門・得意分野 脊椎外科、関節再建外科、骨・軟部腫瘍外科
略歴 平成3年 金沢大学医学部医学科卒業
平成12年 金沢大学大学院医学研究科卒業
平成4年 市立敦賀病院整形外科
平成5年 国立山中病院整形外科
平成6年 アメリカペンシルべニア大学フィラデルフィア小児病院
平成12年 町立冨来病院整形外科医長
平成20年 市立敦賀病院整形外科部長
平成27年 行徳総合病院整形外科部長
平成28年 行徳総合病院副院長
平成31年 神戸百年記念病院院長
現在に至る
資格・所属学会
  • 日本整形外科学会認定整形外科専門医
  • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 日本リウマチ学会リウマチ専門医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • リバースショルダーの認定医
  • OLIFの認定医
その他 日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
日本リウマチ学会
日本人工関節学会
日本創外固定・骨延長学会
中部日本整形外科災害外科学会
日本肩関節学会
金沢運動器疼痛フォーラム世話人
病院管理者研修会「医療安全の向上を目指すトップマネジメントの責任・役割」修了

ドクターズ・インタビュー