皮膚科

皮膚は体重の約6分の1を占める人の最大の臓器です。外界から内蔵を守るだけでなく、体の様々な変化が最初に現れることもある大切な臓器です。
足先から頭部まで皮膚における様々なトラブルに対して、個々の患者様の状況に応じてきめこまやかな診療が行えるよう心掛けております。また地域の病院・診療所とも連携を取り、必要に応じて神戸大学附属病院をはじめとした近隣の病院に紹介させて頂いております。

対象とする主な疾患

皮膚科疾患一般

  • 湿疹や皮膚炎〈アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎(かぶれ)〉、蕁麻疹
  • 感染性皮膚疾患〈白癬(水虫)、蜂窩織炎、ヘルペスなど〉
  • 角化症〈乾癬、鶏眼(うおのめ)、胼胝(たこ)など〉
  • 爪や毛のトラブル

皮膚良性腫瘍の切除手術や皮膚生検の検査などは、月曜日の午後に行っております。まずは午前の一般皮膚科外来を受診し、手術や検査などについてご相談ください。
なお男性型脱毛症(AGA)や巻き爪の弾性ワイヤーやVHOによる矯正は保険外診療となりますので、当院では行っておりません。

小児、特に3歳未満のアザや血管腫等の治療は 美容皮膚科 をご覧ください。

検査・治療の特徴

かぶれや薬疹の原因検索のために皮膚テストを行います。(なお、金属アレルギーの検査は行っておりません。)
視診のみでは診断が難しい場合や治療方針を決める上で必要と考えられる場合に病変部の皮膚生検による病理組織検査を行うことがあります。
爪水虫の内服による治療を行っています。

休診代診

現在、予定されている休診はありません。

夜間・休日診療のご案内

外来担当医師

辻本 昌理子

皮膚科

略歴 平成15年 東北大学医学部 卒業
平成15年 東北大学病院皮膚科 採用
平成16年 退職
平成16年 大崎市民病院
平成22年 退職
平成22年 東北大学大学院医学系研究科
平成22年 神戸大学医学部附属病院皮膚科 採用
平成30年 退職
平成30年 神戸百年記念病院 皮膚科採用

診療科のご案内