重要なお知らせ 重要なお知らせ

HERNIA

ヘルニア外来

患者さま一人ひとりに最適な治療法をご提案します。

2022年4月より、より専門性の高い治療を行うヘルニア外来を開設しました。多くの方に負担の少ないヘルニア治療を提供したいという思いで日々精進しております。ヘルニアでお悩みの方、ヘルニアについてもっと知りたい方は、ぜひヘルニア外来を受診してください。

ヘルニアとは

ヘルニアとは、体内の臓器が本来あるべき位置から脱出、突出する病気の総称で、鼠径ヘルニアは、鼠径部と呼ばれる足の付け根部分から、腸などの内臓が飛び出した状態(いわゆる脱腸)のことをいいます。

鼠径ヘルニアは先天性のものと後天性があります。幼児期までが一つのピークで、その後は患者さまが減りますが、50~60代ぐらいから再び増えてきます。

先天性(生まれつきの原因によるもの)
鼠径ヘルニアができる穴(腸が飛び出してしまうところ)は、胎生期に精巣が下りてくるルートで、もともと弱い部分です。成長とともにその穴は閉じますが、何らかの問題があると閉じません。
後天性(生活習慣や加齢によるもの)
成長とともに閉じたけれども、加齢により筋肉が弱って開いてしまいます。

主な症状

  • 立つときやお腹に力を入れたとき、鼠径部がふくらむ。
  • 鼠径部に不快感や痛みを感じる。など。

※でっぱったまま元にもどらなくなることを嵌頓(かんとん)といいます。嵌頓は危険な状態で、緊急手術が必要です。腸管の血流障害や壊死をともなうと、命にかかわることがあります。

診療方針

鼠径ヘルニアは自然治癒する病気ではないため、手術または経過観察しか方法がありません。手術では、弱くなった腹壁をメッシュグラフト(人工筋膜)で補強します。患者さま個別の条件(年齢、性別、体格、ヘルニア門の大きさ、嵌頓など)に応じて、適切な術式を選択する方針としています。

当院の特長的な治療技術

  1. 侵襲の少ない「腹腔鏡下手術」を第一選択とします。
  2. 患者さまの年齢や背景などを考慮したうえで、「TEP法」、もしくは「TAPP法」を選択します。

鼠径ヘルニアの手術には、「鼠径部切開法」と「腹腔鏡下手術」があります。 さらに腹腔鏡下手術には「TEP法(テップ法)」と「TAPP法(タップ法)」があります。 患者さまのからだの状態、病歴、ヘルニアの所見に応じて、「TEP法」、もしくは「TAPP法」を選択しています。条件によっては鼠径部切開法をおすすめすることがあります。

▼ この表は横にスワイプ(スライド)できます

腹腔鏡下手術 TEP法を
おすすめするケース
  • 両側ヘルニア
  • 腹部手術既往がある
  • 女性
  • 膀胱ヘルニアなど
TAPP法を
おすすめするケース
  • 巨大ヘルニア、陰のうヘルニア
  • 非還納性ヘルニア(戻せないもの)など
鼠径部切開法 おすすめするケース
  • 前立腺、膀胱手術既往がある
  • 再発例(腹腔鏡手術を併用したハイブリッド手術)
  • 嵌頓(かんとん)ヘルニアなど

患者さま一人ひとりに最適な治療法をご提案します!

手術では、腸などが出てしまう穴をふさぐためにメッシュグラフト(人工筋膜)を使用しますが、そのメッシュが大きければシワになり、小さければ穴を塞ぎきれません。患者さま一人ひとりの状況に合ったサイズにメッシュを加工しながら、正しい位置に入れることがとても重要です。もちろん、誰しもがメッシュを使用するわけではなく、若い人であれば自分の組織で治すという方法もあります。

例えば、若い女性で今後妊娠や出産を希望する場合は、メッシュを入れると、妊娠中に引き伸ばされてしまうので、メッシュではなくご自身の組織で治す方法をご提案しています。

鼠径ヘルニアの手術は入院を推奨しています!

近年、ヘルニアは入院して治療するのではなく、日帰りで治療するというケースが増えてきています。日帰り手術の場合は、手術後の痛みの有無にかかわらず、痛み止めを処方し、自宅で様子を見ていただくという形です。

当院では日帰り手術ができないことはありませんが、お勧めしておりません。短期あるいは一泊入院していただくことで、患者さまの術後もしっかり診ることができるからです。患者さまの異変にすぐ対応できますし、痛まなければ痛み止めの薬を出す必要はありません。当院では、術後の患者さまに安心してお帰りいただくことが、第一であると考えています。

休診代診

現在、予定されている休診はありません。

担当医表

ヘルニア外来

急遽、担当医が変わる場合がございますのでご了承ください。

女性医師
午前

診療なし

診療なし

診療なし

診療なし

診療なし

診療なし

午後

診療なし

診療なし

中島 幸一

鼠径部ヘルニア、腹壁ヘルニア

診療なし

中島 幸一

鼠径部ヘルニア、腹壁ヘルニア

診療なし

午前午後

診療なし

診療なし

午前午後

診療なし

診療なし

午前午後

診療なし

診療なし

午前午後

診療なし

診療なし

当院は 神戸市の2次救急輪番病院 に参画しています。 救急患者様は日曜・祝日も24時間受け付けております。

24時間365日 地域救急医療の中核病院として、緊急な治療が必要な患者さまに対応するための受け入れ体制を構築しています。

夜間・休日の救急外来

夜間・休日診療のご案内

外来担当医師

副院長
中島 幸一 (Koichi Nakajima)

外科、ヘルニア外来

専門・得意分野 消化器外科、ヘルニア 
略歴 平成2年 兵庫医科大学卒業 
平成2年 兵庫県立淡路病院 研修医 
平成4年 温泉町国民健康保険診療所 所長
平成7年 兵庫県立淡路病院 外科医長
平成9年 公立浜坂病院 内科医長
平成10年 千種町国民健康保険診療所
平成11年 千種町国民健康保険診療所 所長
平成17年 公立穴栗総合病院 外科医長
平成20年 公立穴栗総合病院 外科部長
令和4年 神戸百年記念病院 外科
現在に至る
資格・免許 日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
消化器がん外科治療認定医
日本腹部救急医学会認定医
難病指定医
マンモグラフィー読影認定医
インフェクションコントロールドクター
日本スポーツ協会公認スポーツドクター

外科系

外科系 のページ一覧