重要なお知らせ 重要なお知らせ

形成外科

形成外科では顔面・手足など、目に見える部分の病気に対して外科的治療を行います。 機能面はもちろんのこと、きずあとにもこだわり整容面(美容面)でも満足いただける治療を目指しています。患者さんは0歳から90歳代まで幅広く対応し、先天異常から加齢性の眼瞼下垂症など年齢・性別・職業などひとりひとりの背景に寄り添ってその方のQOL(Quality Of Life:生活の質)の向上のために治療を行います。

とくに顔面は特殊な部位であり、その悩みは社会生活に大きな影響を及ぼす可能性があります。顔面のできもの・きずあと(外傷後、手術後など)・眼瞼下垂(まぶたが下がって見えづらい)などのお悩みがありましたらぜひ当科を受診ください。患者さんの希望にそった治療を提案させていただきます。きずあとのことを気にして手術を迷っておられる方もぜひ当科に一度ご相談に来ていただければ幸いです。
なお、手術となる場合は神戸大学病院への紹介となる可能性があります。

対象とする主な疾患

  • 皮膚、皮下のできもの(腫瘍)
  • まぶたが下がって見えづらい方(眼瞼下垂症)
  • 外傷・手術後のきずあと(ケロイド・肥厚性瘢痕を含む)
  • 顔の骨折やその変形(顔面骨骨折、治癒後変形)
  • やけど、外傷によるすりきず、きりきずなど(熱傷、外傷性創傷)
  • 治らないきず(難治性創傷)

検査・治療の特徴

形成外科手術による治療がほとんどですが、ケロイドのように内服や外用(塗り薬、貼り薬)などを使用して保存的に治療を行うこともあります。
患者さん本人の生活に寄り添い、QOL(Quality of Life:生活の質)を改善できるように治療を進めて参ります。

休診代診

現在、予定されている休診はありません。

担当医表

形成外科

〈辻 依子 医師〉3月26日(火)で診察を終了します。(4/2より佐竹医師)
〈上田 美怜 医師〉3月28日(木)で診察を終了します。

4月より、火曜AMのみの診察となります。

急遽、担当医が変わる場合がございますのでご了承ください。

女性医師
午前

診療なし

佐竹 寛

診療なし

診療なし

診療なし

診療なし

午後

診療なし

診療なし

診療なし

診療なし

診療なし

診療なし

午前午後

診療なし

診療なし

午前午後

佐竹 寛

診療なし

午前午後

診療なし

診療なし

午前午後

診療なし

診療なし

午前午後

診療なし

診療なし

午前午後

診療なし

診療なし

当院は 神戸市の2次救急輪番病院 に参画しています。 救急患者様は日曜・祝日も24時間受け付けております。

24時間365日 地域救急医療の中核病院として、緊急な治療が必要な患者さまに対応するための受け入れ体制を構築しています。

夜間・休日の救急外来

夜間・休日診療のご案内

外科系 のページ一覧