病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 9 27 83 71 148 244 441 684 648 207
兵庫県の人口が縮小していく一方で高齢者数は右肩上がりに増加しており、当院の年齢別退院患者数も60歳以上の患者割合が約8割を占め、地域社会の高齢化を反映していることが分かります。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 94 2.24 2.67 0 63.53
050130xx99000x 心不全 74 30.46 17.66 9.46 84.84
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 44 24.23 12.58 9.09 79.02
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 40 26.1 20.92 7.5 83.75
0400801499×001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 29 18.07 13.46 3.45 83.79
当院の内科で特に多い上位5疾患を診断群分類で示したものです。1位は消化器疾患である大腸ポリープで2位は慢性心不全、次いで尿路感染症、誤嚥性肺炎、細菌性肺炎等となっております。大腸ポリープについては、当院の人間ドックでの発見例や近医紹介例を中心に積極的に短期入院による大腸ポリープ切除術を行っています。慢性心不全に対しては心臓リハビリテーションを積極的に行っているため、近隣病院からの紹介も多くなっています。また、高齢者の増加に伴い尿路感染症や呼吸器疾患である誤嚥性肺炎、各種肺炎に対しての積極的な治療を行っております。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 107 2.31 2.67 0 61.64
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 44 6.61 7.30 0 60.36
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 32 6.75 4.96 0 65.59
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 11 2.27 2.99 0 77.27
060035xx03xxxx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 10 7.3 7.09 0 70.6
当院の外科で特に多い上位5疾患を診断群分類で示したものです。消化器疾患である大腸ポリープを初めとし、胆のう結石や胆のうポリープ等の疾患、鼠径ヘルニアや大腸がんに対する治療を行っています。各種消化器疾患に対し、内視鏡診断・治療の段階から外科医が担当しており、特に悪性腫瘍に対する専門的な治療を内視鏡治療に加え、腹腔鏡を主とした低侵襲な外科手術、そして抗がん剤治療まで途切れのない診療を行っています。また、胆石症等の良性消化器疾患や鼠径ヘルニア、虫垂炎対する腹腔鏡下手術に加え痔疾患、乳腺疾患(乳がん)、下肢静脈瘤、腹膜炎などの腹部救急疾患まで幅広い診療を行っています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 58 45.34 19.61 6.9 80.9
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 30 55.47 26.30 20 84.57
160760xx97xxxx 前腕の骨折 19 12.32 5.68 0 59.74
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 17 4 2.79 0 74.35
160980xx99x0xx 骨盤損傷 15 42.27 19.32 26.67 78.53
当院の整形外科で特に多い上位5疾患を診断群分類で示したものです。ご高齢の方に多い胸・腰椎の圧迫骨折に加え、大腿骨骨折、腕の骨折、腰部脊柱管狭窄症、骨盤骨折と続きます。特にご高齢の方を中心に転倒等により大腿骨の骨折や、骨盤骨折が多くなっています。大腿骨の骨折や腰部脊柱管狭窄症等の脊椎疾患は多くの場合は手術加療を行い、脊椎疾患については脊椎固定術等も組み合わせて各施設や自宅復帰へと繋げています。胸・腰椎圧迫骨折については必要に応じて手術も行いますが、保存的加療がメインとなっています。当科では全体的に手術症例が増加傾向です。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 171 2.58 2.84 0 75.17
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 3 3.33 5.39 0 74.33
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 2 8 7.05 0 66.5
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 2 2 3.15 0 73.5
020240xx97xxx0 硝子体疾患 1 6 6.16 0 60
当院の眼科で特に多い上位5疾患を診断群分類で示したものです。当科では主に白内障に対する1泊2日、2泊3日での短期手術加療を行っています。加齢に伴い発生頻度が上昇する疾患であることと、全国的に見ても70歳代の方の約8割が罹患していると言われているなかで、当院の平均年齢(75.17歳)もそれに沿った形となっております。また、当科では黄斑上膜、糖尿病性網膜症、加齢黄斑変性症などの硝子体疾患、緑内障などに随時対応しています。

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 36 4.28 7.04 0 55.39
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 32 5.75 5.43 0 36.25
030400xx99xxxx 前庭機能障害 27 8.33 5.10 0 60.74
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 25 7 7.27 0 40.76
030428xxxxxxxx 突発性難聴 25 9.92 9.02 0 59.32
当院の耳鼻咽喉科で特に多い上位5疾患を診断群分類で示したものです。1位は慢性副鼻腔炎で2位は扁桃周囲炎及び急性扁桃炎です。次いでめまい症、扁桃周囲膿瘍、突発性難聴と続きます。当科では手術や保存的加療の入院など耳鼻科領域の疾患に対し幅広い入院加療を行っています。患者様のご都合に合わせて、できるだけご希望に添えるように相談して入院期間を設定しています。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 46 2.02 2.53 0 72.72
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 32 2 2.72 0 50.16
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 25 10.52 7.20 0 78.28
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 23 10.35 8.65 0 74.65
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 20 9.7 5.62 0 62.25
当院の泌尿器科で特に多い上位5疾患を診断群分類で示したものです。1位は前立腺がんが疑われる患者さんに対する前立腺生検で腎・尿管結石、膀胱がん、前立腺肥大症と続きます。当科では前立腺生検目的の入院は1泊2日で行い、安全性を考慮し全身麻酔や脊椎麻酔下に生検を行っております。腎・尿管結石に対しては低侵襲のESWL(体外衝撃波による破砕術)を行い、今後の需要性も考慮し新機種を導入し加療を行っています。また、膀胱がんや前立腺肥大症に対しても低侵襲の経尿道的手術を行っています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 10 5 6 0 1 3 1 7,8
大腸癌 7 2 11 19 2 7 1 7,8
乳癌 0 0 0 0 0 0 1
肺癌 0 0 0 1 0 0 1 7
肝癌 0 0 0 0 0 1 1
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院での5大癌のがんステージ分類別患者数を示しています。大腸がんに関しては病期の進行した症例が比較的多く、抗癌剤治療も含めて外科で担当しています。術後フォローアップ症例で、かなり遠隔期に肝・肺転移での再発を比較的多く経験しています。胃がんでは比較的早期に発見・治療が行われています。胃がん再発部位は特にリンパ節が多い傾向にあります。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 17 14.65 58.88
中等症 71 26.61 81.94
重症 7 25.71 88.43
超重症 5 35.4 85.8
不明 0
当院の肺炎の重症度別患者数を示しています。中高年層の症例では軽症が目立ちますが、当院では高齢者も多くCOPD(慢性閉塞性肺疾患)や慢性心不全等の基礎疾患を持っている患者さんが肺炎を発症し、重症化しやすい傾向にあります。これら重症肺炎に対しても呼吸器管理を含め積極的な集中治療を行っています。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 6 29.5 76 16.67
その他 6 9.83 76.33 16.67
当院での脳梗塞の患者数を示しています。外来通院患者さんや近隣患者さんを中心に脳血管障害の加療を行っています。早期発見・早期治療に努め、近隣病院とも協力し早期に脳外科手術が必要な症例については転院等の措置を行い、術後の早期リハビリを目的とした症例についても積極的に受け入れを行っています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 95 0.2 1.15 0 63.77
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 11 33.36 43.64 72.73 80.45
K654 内視鏡的消化管止血術 7 2.14 21.86 14.29 71.14
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 4 2.5 7.5 25 81.5
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 4 3.5 24.5 25 71.75
当院の内科で主に行っている手術の上位5位を示しています。当院の消化器センターで消化器内科医・消化器外科医による積極的な内視鏡手術が行われており、内視鏡的手術が上位を占めています。大腸ポリープに対する大腸ポリペクトミーが圧倒的に多く又、急性期疾患でみられる出血性胃潰瘍や大腸憩室出血等に対しての消化管止血術も積極的に行っております。高齢化に伴い誤嚥性肺炎を繰り返したり、脳梗塞や各種疾患等により栄養状態が著しく低下している患者さんに対して、必要に応じて静注ポートを造設し在宅医療へと繋いで、地域に根差した医療を提供しております。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 104 0.15 1.13 0 62.29
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 51 1.27 4.61 0 59.51
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 32 1.41 4.34 0 65.59
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 18 0.06 5.94 0 66.33
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 9 0.78 6.67 0 77.89
当院の外科で主に行っている手術の上位5位を示しています。消化器疾患に対し内視鏡治療を外科医が担当し、その他各種疾患に対しても積極的に腹腔鏡下手術を行っています。内視鏡治療としては、大腸ポリペクトミーに加え大腸がんや胃がんに対するESD(粘膜下層剥離術)も行っています。その他、内科同様に消化管出血に対する内視鏡的止血術も行っています。
腹腔鏡下手術では短期入院である胆のう摘出術や鼠径ヘルニアに対する手術をはじめ、大腸がん・胃がんに対しても積極的に低侵襲外科手術を行っています。また、各種消化器疾患に対して必要に応じて緊急手術も行っております。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 34 5.29 52.56 14.71 82.65
K0462 骨折観血的手術(前腕) 22 2.27 21.82 4.55 55.36
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 11 3 40.36 0 65.27
K0811 人工骨頭挿入術(股) 10 5 48.8 20 82.1
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 10 4.2 51.1 0 76.6
当院の整形外科で主に行っている手術の上位5位を示しています。高齢層を中心に大腿骨の骨折に対する観血的手術が多く行われています。通勤災害、労働災害、交通事故等の外傷性疾患に対する手術も行っており、リハビリ等を組み合わせて早期に社会復帰が出きるように努めています。また、脊椎疾患に対しては後方椎体固定や椎弓切除術も行い、最近ではより難易度の高いOLIF(前方後方同時固定)を行いながら邁進しています。
※観血的とは「人体に傷をつけて出血をともなう治療の総称のこと」

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 173 0.01 1.6 0 75.24
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 4 1 7.25 0 67.75
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 2 0 1 0 73.5
K279 硝子体切除術 2 1 6 0 74
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 2 0.5 4.5 0 64.5
当院の眼科で主に行っている手術の上位5位を示しています。診断群分類別上位5疾患と同じく、白内障に対する手術が主となります。1泊2日若しくは2泊3日の短期入院で手術対応をしており、局所麻酔で行っています。黄斑上膜、黄斑円孔などの硝子体手術や緑内障手術も随時対応しています。

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 23 0.04 6.09 0 41.17
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 22 0.14 7.95 0 31.32
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 19 0.47 3.26 0 59.26
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 18 0.39 3 0 49.33
K347 鼻中隔矯正術 12 0 2.08 0 46.67
当院の耳鼻咽喉科で主に行っている手術の上位5位を示しています。扁桃周囲膿瘍に対する切開術をはじめ、扁桃腺の摘出術や副鼻腔に対する内視鏡下鼻内手術等を中心に幅広く手術を行っています。また、鼻・副鼻腔の手術に関しては他施設より短い入院期間で手術を行っています。平均年齢からみても、全体的に高齢者よりも比較的若い年齢層に対しての手術症例が多くなっています。上位手術に関しては現役世代がほとんどで、早期社会復帰を目的に手術加療を行っています。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 32 0 1 0 50.16
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 25 1.88 7.64 0 78.28
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 24 1 8.33 0 74.63
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他) 20 2.1 6.7 0 61.95
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 5 1.8 18.8 20 65.6
当院の泌尿器科で主に行っている手術の上位5位を示しています。診断群分類別疾患の上位に腎・尿路結石があることから、低侵襲手術のESWL(体外衝撃波による破砕術)が1位となっています。また、腎・尿管結石に対してはESWLの他にTUL(経尿道的尿路結石除去術)やステント留置を症例毎に検討し、場合により組み合わせながら手術に取り組んでおります。
膀胱がんや前立腺肥大症に対する低侵襲手術(経尿道的手術)も積極的に行っていることから、上位に位置しております。平均年齢は中高年層から高齢者層が全体的に多く、術後合併症等のリスクに注意しながら手術を行っています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.04
異なる 4 0.16
180010 敗血症 同一 4 0.16
異なる 3 0.12
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.04
異なる 3 0.12
180040 手術・処置等の合併症 同一 14 0.55
異なる 4 0.16
外来通院の糖尿病、膠原病患者さんが多いため感染症の合併で容易にDIC(播種性血管内凝固症候群)や敗血症、真菌感染症を合併するケースが見受けられます。術後合併症においては高齢で重症化した状態での外科的手術等も珍しくないです。初期診断と集中治療が要となるため、重症のこれらの疾患に対しても積極的に受け入れを行い、入院加療を行っています。
更新履歴
2019.9.21
平成30年度病院情報の公表を行いました。

病院のご紹介