重要なお知らせ 重要なお知らせ

病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1 34 97 134 182 316 486 864 865 307
前年度に比べ入退院患者さまは増加傾向にあります。10代以上で年齢階級別患者数は増加し、特に60代以降での伸び率が高くなっております。医療の進歩により平均寿命も延び、兵庫県下においても全国の平均値と同等の推移で経過していることから、当院でも高齢患者さまの入院治療の需要が多くなっております。地域における住まい・医療・介護・予防・生活支援が今後、益々重要になると予想され、安心・安全な医療サービスが提供できる体制を構築するとともに、地域に根差した医療をおこなってまいります。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 121 24.45 13 5.79 81.74
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 79 28.47 20.51 18.99 86.87
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 58 2.33 2.66 0 67.6
050130xx9900xx 心不全 37 30.43 17.23 8.11 81.03
060102xx99xxxx 穿孔又は膿瘍を伴わない憩室性疾患 29 7.55 7.74 6.9 65.83
当院の内科で治療対象として多い上位5疾患を示したものです。
当院では積極的に救急搬送を受け入れ、地域に根差した医療が提供できる取り組みを行っており、救急搬送での入院が多くなっています。地域の高齢患者さまへの対応のみならず、高齢者施設からの救急要請を積極的に受け入れてきた結果、尿路感染症や誤嚥性肺炎の入院患者さまが増えていますが、高齢者ならではの合併症も多く、平均在院日数も長くなっています。消化器疾患である大腸ポリープでは、人間ドックでの発見例や地域の開業医の先生からの紹介も多く、短期入院手術を積極的に行い、平均在院日数は短くなっています。消化器疾患の紹介の増加にともない、入院を必要とする憩室炎や虚血性腸炎等の症例も多くなっています。また、循環器医師の着任にともない循環器疾患が増加しており、循環器病センターの設立により心臓カテーテル検査及び血管治療の症例も増えつつあります。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 97 2.2 2.66 0 65.72
060335xx02000x 胆嚢炎等 56 7.54 7.23 1.79 60
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 43 6.74 4.86 2.33 69.26
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 39 2.08 2.74 0 69.92
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 26 8.96 9.08 0 74.15
当院の外科で治療対象として多い上位5疾患を示したものです。
当院の消化器センターの下部組織である、内視鏡センターのスタッフは外科医師・内科医師で構成されており、外科医師においても消化管内視鏡的処置を多く担当しています。外科的手術症例としては、胆のう結石や鼡径ヘルニアの良性疾患、大腸・胃の悪性腫瘍手術等において、主に腹腔鏡(鏡視下)手術を行っています。4月よりは乳腺外科医の着任もあり、乳腺疾患も増えてきています。消化管悪性疾患については内視鏡診断から処置、外科的治療、さらに抗癌剤治療まで一貫して外科により集学的な治療を行っています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 141 41.38 25.09 54.61 84.68
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 57 28.09 18.81 21.05 82.19
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 36 25.72 21.71 55.56 85.14
160760xx97xx0x 前腕の骨折 21 10 5.18 0 63.71
160720xx01xxxx 肩関節周辺の骨折・脱臼 20 29.75 15.03 25 75.1
当院の整形外科で治療対象として多い上位5疾患を示したものです。
当院では積極的に救急搬送を受け入れ、地域に根差した医療提供の一環として、平日・休日を含め整形外科専門医による当直体制を整えております。主に神戸市の中央区より西の救急搬送の受け入れ窓口を担い、高齢者の方の大腿骨骨折や脊椎圧迫骨折、骨盤骨折、橈骨遠位端骨折や上腕骨近位部骨折と骨粗鬆症を背景とした各種骨折の患者さまが多く見受けられます。全症例とも前年度に比べ増加し、平均年齢も高齢化に伴い上昇傾向です。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 173 2.5 2.76 0 74.38
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 2 9 6.49 0 60.5
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 1 4 4.95 0 58
020360xx99xxxx 眼球の障害 1 9 12.35 0 82
当院の眼科で治療対象として多い上位疾患を示したものです。
当診療科では、特に白内障手術に対する短期手術加療を多く取り扱っています。地域の開業医の先生からの御紹介も多く頂いています。術後の合併症に注意しつつ、外来で細部に亘るフォローアップを行っています。また、糖尿病網膜症や加齢黄斑変性、黄斑上膜などの網膜硝子体疾患や眼瞼下垂などの眼瞼疾患に関しても外来、手術で対応しています。眼に関して気になることがあれば、お気軽にご相談下さい。

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 60 5.22 4.94 0 65.58
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 57 5.26 6.71 0 46.37
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 47 2 2.04 0 61.02
030428xxxxxxxx 突発性難聴 45 7.96 8.81 0 57.76
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 38 4.53 5.63 0 37
当院の耳鼻咽喉科で治療対象として多い上位5疾患を示したものです。
めまいや急性扁桃炎・咽頭炎などの急性上気道疾患を中心に、広く耳鼻咽喉科疾患のご入院をいただいております。突発性難聴や顔面神経麻痺に対してはステロイドなどの点滴加療を行っております。また、睡眠時無呼吸症候群が疑われる患者さまに対して、ポリソムノグラフの検査入院を行っております。前年度に比べ、全症例ともに患者さまの入院数は増加傾向です。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 53 2.98 2.54 0 70.06
11012xxx04xxxx 上部尿路疾患 42 2.12 2.66 0 53.69
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 37 9.19 7.13 0 77.35
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 29 7.31 5.67 0 60.9
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 26 11.31 8.52 0 75.42
当院の泌尿器科で治療対象として多い上位5疾患を示したものです。
前立腺の腫瘍マーカー検査(PSA)で高値を認めた患者さまに、MRI検査及び前立腺生検を行い、前立腺がんの早期発見に努めております。また、上部尿路の結石性疾患に対してはESWL(体外衝撃波結石破砕術)やTUL(経尿道的尿路結石除去術)で根治治療を目指しております。再発の多い膀胱腫瘍に対しては定期的に膀胱鏡検査を行い、状況に応じて経尿道的腫瘍切除術も多く扱っております。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 15 0 6 6 6 8 1 8
大腸癌 7 9 20 16 28 20 1 7,8
乳癌 0 2 2 2 1 1 1 8
肺癌 0 0 0 1 1 0 1 8
肝癌 0 0 0 0 0 0 1
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
外科・内科系で治療対象となっている悪性疾患を示しています。
消化管疾患については、早期病変の内視鏡治療、そして腹腔鏡下手術、開腹手術、抗癌剤治療まで集学的な治療、さらに緩和治療まで行っています。4月から乳腺専門医の着任により症例が増加傾向にあります。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 4 11.25 63.5
中等症 49 23.65 80.59
重症 4 22.25 83.5
超重症 1 22 90
不明 0 0 0
当院の肺炎の重症度別患者数を示しています。
成人市中肺炎の患者さまは前年度に比べ、全体的に減少傾向です。特に軽症症例では、症例数が大幅に減少傾向となっております。高齢患者さまではCOPD(慢性閉塞性肺疾患)や慢性心不全、糖尿病等の基礎疾患を持っておられることが多く、酸素投与を必要とする中等症以上の症例が増加傾向です。前年度に比べ重症化を来す症例は減少傾向となっておりますが、重症肺炎に対しても呼吸器管理を含め積極的な集中治療が提供できる体制づくりを行っています。COVID-19に対する感染対策に努め、成人市中肺炎における軽症から重症症例まで幅広く治療が行える体制を整えております。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 6 32.67 82 37.5
その他 2 12.5 76.5 12.5
当院での脳梗塞の患者数を示しています。
症例数は前年度に比べて減少を認めております。救急搬送症例が6割以上を占めており、急性期治療として血栓溶解治療が適応と判断される場合には、患者さまの状態を総合的に判断し、連携する専門施設への転送を検討します。また、亜急性期の症例では、当院で保存的に治療を開始する場合には、早期のリハビリ介入を行い、症状の悪化予防並びに機能回復を目指しています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 63 1.06 1.37 0 67.89
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍胃粘膜) 12 2.33 11.42 16.67 76.75
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 12 2.67 18.33 8.33 70.83
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 11 15.18 25.64 0 80.09
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 11 1 5.82 0 71.36
当院の内科で治療対象として多い上位5手術を示したものです。
外科と連携した消化器センター・内視鏡センターの充実により、内視鏡的大腸ポリープ粘膜切除術症例に加えて、高度な技術を必要とする内視鏡的胃ESD(早期悪性腫瘍胃粘膜下層剥離術)の症例や早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術の症例も増えています。高齢患者さまの増加に伴い治療経過中に誤嚥性肺炎を繰り返したり、認知症による食事摂取不良の状態が続いたり、各種疾患による栄養状態の低下を認めたりすることから、経口摂取がままならない状態に陥るケースについてTPN(中心静脈栄養)に加えて胃瘻造設も選択される症例が増えてきており、栄養状態の改善に努めて在宅医療へと繋いで行けるように取り組んでいます。また、ペースメーカー移植術等の不整脈治療にも対応でき、内視鏡センターと循環器センターを中心とした先進医療にも積極的に取り組んで参ります。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 88 0.17 1.16 0 66.69
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 58 1.4 5.33 1.72 59.84
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 41 1.39 4.17 2.44 68.78
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 35 0 1.06 0 70.17
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 13 0 1.92 0 59.23
当院の外科で治療対象として多い上位5手術を示したものです。
当院の消化器センターの下部組織である、内視鏡センターのスタッフは外科医師・内科医師で構成されており、外科医師においても消化管内視鏡的処置を多く担当しています。外科的手術症例としては、胆のう結石や鼡径ヘルニアの良性疾患が多く、また下肢静脈瘤に対しレーザー治療を多く行っています。前年度に比べ、全体的に術後日数は短く、平均在院日数も短縮傾向です。術前・術後の感染コントロールや基礎疾患等の把握・治療を入院前から支援することにより円滑な入院治療が出来る体制づくりに努めております。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 94 4.52 32.43 53.19 82.66
K0821 人工関節置換術(股) 56 6.5 39.88 28.57 76.2
K0811 人工骨頭挿入術(股) 44 6.59 33.98 54.55 88.09
K0462 骨折観血的手術(前腕) 35 3.8 15.51 2.86 70.74
K1424 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(前方後方同時固定) 26 6.92 37.08 46.15 71.54
当院の整形外科で治療対象として多い上位5手術を示したものです。
外傷骨折の救急患者さまの準緊急手術と、それ以外にも加齢による変性疾患の予定手術として膝・股関節の人工関節手術と脊椎固定除圧手術が上位に挙がっています。整形外科の治療範囲である手術的治療は、ほぼ全てカバーしております。年齢層も高く、術後合併症にも細心の注意を払いつつ、早期退院ができるように各種専門チームが一丸となり退院調整等をおこない、地域の病院とも協力しながら安心・安全な手厚い医療提供が出来るように努めています。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 174 0.01 1.57 0 74.34
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 3 1 6.33 0 63
K279 硝子体切除術 2 0 1.5 0 74
当院の眼科で治療対象として多い上位3手術を示したものです。
老人性の白内障が多くを占めており、それに対する白内障手術を行っています。当診療科では術後合併症にも細心の注意をはらいつつ手術を行い、術後フォローアップまで円滑な治療ができるように取り組んでいます。また、地域医療に根差した医療提供ができるように、開業医の先生方とも協力を行いながら邁進してまいります。

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 39 0.33 3.79 0 46.79
K347-5 内視鏡下鼻腔手術1型(下鼻甲介手術) 18 0.06 3.17 0 37.33
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 13 0.23 4.46 0 43.23
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 13 0.08 7.38 0 29.69
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 11 0 3.82 0 35.82
当院の耳鼻咽喉科で治療対象として多い上位5手術を示したものです。
当科では鼻手術を中心に、耳鼻科一般の手術を行っております。特に、慢性副鼻腔炎に対する鼻内手術では前年度に比べ、大きく症例数を伸ばしております。地域の開業医の先生方からの紹介等も増え、また、患者さまの症状や疾患の程度に合わせて、十分な説明をしたうえで手術や入院治療をご提案できるよう努めております。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 42 0.12 1 0 53.69
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 37 1.22 6.97 0 77.35
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他) 29 1.21 5.1 0 60.9
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 28 1.86 9.11 0 75.68
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) 7 0.86 4.86 0 79.57
当院の泌尿器科で治療対象として多い上位5手術を示したものです。
上部尿路の結石性疾患を多く扱っているため、それに対するESWL(体外衝撃波結石破砕術)治療が上位手術にきています。前年度よりも手術症例数は多く、特に経尿道的尿路結石除去術では年齢層が比較的若くなってきています。当科の手術ではf-TUL(レーザーを用いた経尿道的尿管砕石術)以外の経尿道的手術はすべて対応可能です。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.03
異なる 7 0.21
180010 敗血症 同一 6 0.18
異なる 12 0.37
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 18 0.55
異なる 11 0.34
高齢患者さまが多く、原疾患の重症化・遷延化により経過中にDIC(播種性血管内凝固症候群)や敗血症・真菌感染症を合併するケースが経験されます。敗血症症例については減少傾向にあり、比較的早い段階での感染巣の治療により重症化を回避できている一方で、基礎疾患等のコントロール不良により重症化する場合や、更に重症化が進み死亡に至る症例も見受けられます。重症症例については集中的な治療を行い、早期に感染コントロールが出来るように院内の基準整備にも力を注いでおります。術後合併症においては高齢で重症化した状態での外科的手術等も数多く見受けられます。消化器疾患等の術後出血等では、早期診断と集中治療を行い、全てにおいて重症化するケースは認めておりません。
更新履歴
2021.9.27
令和2(2020)年度の当院における病院情報の公表を行いました。

病院のご紹介

病院のご紹介 のページ一覧