重要なお知らせ 重要なお知らせ

病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 2 28 76 94 171 304 457 831 784 241
前年度と比べると1.16%の増加となっています。兵庫県の65歳以上の高齢者人口の割合が28.7%と他府県と比べるとそこまで高くない数字ですが、平均寿命は医療の進歩に伴い年々延びていることを考えると、当院の年齢別退院患者数からも推測されるとおり、益々、高齢患者さんの入院治療の需要が多くなると考えられます。
(兵庫県の地域医療構想より)全県では団塊世代が全て後期高齢者になる2025年に向けて、総人口は減少するものの、医療需要が高い後期高齢者が増加し続けることが予想されるため、当院の後期高齢患者さんの比率も年々高くなると予想されます。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 71 2.28 2.63 0 66.93
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 61 19.95 12.58 4.92 79.21
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 46 34.11 20.84 10.87 86.8
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 33 8.06 7.65 3.03 67.24
050130xx99000x 心不全 31 32.61 17.71 12.9 81.71
当院の内科で特に多く扱っている病気の上位5疾患を示したものです。消化器疾患である大腸ポリープでは人間ドックでの発見例や地域の開業医の先生からの紹介も多く、短期入院手術を積極的に行い、基本は1泊2日入院としておりますため、平均在院日数も全国平均より短くなっています。また、尿路感染症や誤嚥性肺炎については地域の高齢患者さんへの対応のみならず、高齢者施設からの救急受診要請にも積極的に受け入れを行っています。入院を必要とする消化器疾患として憩室炎や虚血性腸炎等の頻度が多く又、心疾患では急性期治療後の心臓リハビリテーション患者さんの紹介を多くいただいています。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 149 2.3 2.63 0 63.7
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 58 6.47 7.13 0 57.1
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 40 6.8 4.85 0 69.25
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 37 2.03 2.78 0 72.49
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 20 8.5 4.4 0 65.3
当院の外科で特に多く扱っている病気の上位5疾患を示したものです。内視鏡的大腸ポリープ切除に始まり、胆のう結石や鼡径ヘルニア、大腸の悪性腫瘍手術等については腹腔鏡による手術が主となっています。当診療科の特徴は、内視鏡センターとしての機能を有し、消化器疾患・鼡径ヘルニア・下肢静脈瘤等に検査から治療までの一連の流れとして行っています。今年からは内科医師・外科医師共同で独立した消化器センターが立ち上がり、その中に内視鏡センター、外科、抗がん剤治療が含まれ、ますます集学的な治療が行えるようになります。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 56 47.36 25.94 26.79 82.79
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 53 30.13 19.40 30.19 80.72
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 23 43.26 23.56 0 77.17
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 20 52.45 20.93 5 76.15
070350xx99x0xx 椎間板変性、ヘルニア 18 12.11 10.03 0 54.67
当院の整形外科で特に多く扱っている病気の上位5疾患を示したものです。当診療科では高齢患者さんに多くみられる転倒後の大腿骨骨折の手術治療や胸腰椎の圧迫骨折に対する保存的治療に加え、変形性膝関節症に対する人工関節置換術や脊椎疾患に対するOLIF手術症例を多く扱っています。
四肢外傷性疾患に対しては時間外(夜間)救急診療の強化も行い、積極的な救急搬送受け入れを行い、地域に根差した医療が提供できる取り組みを行っています。予定入院や緊急入院の積極的な受け入れに伴い、円滑な医療が提供できるように疾患に対する説明や手術・術後の経過を慎重に見極めつつ在宅や各施設、回復期リハビリテーション病院等へと繋げています。また、平均年齢が年々高くなっていることから全国の平均在院日数より当診療科の在院日数は長くなる傾向にあります。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 192 2.64 2.78 0 75.76
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 3 6 8.00 0 72
020160xx97xxx0 網膜剥離 2 19 9.33 0 75.5
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 1 8 6.29 0 85
020220xx97xxx0 緑内障 1 23 7.53 0 78
当院の眼科で特に多く扱っている病気の上位5疾患を示したものです。当診療科では、特に白内障手術に対する短期手術加療を多く取り扱っています。地域の開業医の先生からの紹介等により症例数は前年度より多くなっています。平均年齢は前年度と比べて少しだけ上がっている状況です。術後の合併症等に注意しつつ、外来で細部に亘るフォローアップを行っています。また、糖尿病の合併症として発症する糖尿病性網膜症や黄斑変性、硝子体疾患、緑内障にも対応しています。
目の見え方に違和感を感じたら、それはもしかしたら網膜の病気かもしれません。当診療科に気軽にお声かけください。

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 36 4.86 6.8 0 54.17
030400xx99xxxx 前庭機能障害 34 5.68 5.01 0 65.47
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 32 2 2.03 0 60.78
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 27 5.48 5.45 0 40.85
030428xxxxxxxx 突発性難聴 27 8.15 8.93 0 54.37
当院の耳鼻咽喉科で特に多く扱っている病気の上位5疾患を示したものです。入院治療では、慢性副鼻腔炎に対する手術を始め、突発性難聴や顔面神経麻痺に対するステロイド治療や、めまい・上気道炎症性疾患等を中心に加療を行っています。そのほかにも、睡眠時無呼吸症候群に対する検査入院も行っています。
地域の開業医の先生方と連携し、患者さんの症状や社会的背景を考慮し入院適応や入院期間を設定しています。軽い感冒様症状やアレルギー性鼻炎の症状の患者さんも診察しておりますので、気軽にお問い合わせください。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 56 2.02 2.49 0 74.48
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 37 8.51 7.07 0 76.78
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 37 2.41 2.64 0 54.76
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 24 9.21 5.61 0 68.29
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 23 11.74 8.52 0 76.39
当院の泌尿器科で特に多く扱っている病気の上位5疾患を示したものです。当診療科では前立腺の悪性腫瘍が疑われる患者さんに対し前立腺生検を多く行い、確定診断の下に今後の治療方針等を患者さん・家族さんと一緒に考えながら加療を行っています。膀胱悪性腫瘍や前立腺肥大症に対しても低侵襲の経尿道的手術を行っています。前年度に比べると膀胱悪性腫瘍の患者さんの数が増加傾向です。また、腎・尿管結石に対してはESWL(体外衝撃波による破砕術)やTUL(経尿道的尿路結石除去術)等を組み合わせながら治療にあたっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 13 4 9 6 5 8 1 8
大腸癌 11 9 15 36 22 33 1 8
乳癌 0 3 1 1 0 1 1 8
肺癌 0 0 0 3 0 0 1 8
肝癌 0 0 0 3 5 1 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院での5大癌のがんステージ分類別患者数を示しています。当院では悪性疾患に対し、内視鏡的治療・腹腔鏡下手術・開腹手術から抗がん剤治療や緩和治療まで対応しています。近年では大腸がんの初発・再発症例が増加傾向にあり、早期がんに対してはESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)の手術症例も増えてきています。進行病変に対してもガイドラインに沿った手術から抗がん剤治療を行っています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 14 9.29 53.36
中等症 55 24.13 82.93
重症 7 37.86 85.57
超重症 2 2 97
不明 0 0 0
当院の肺炎の重症度別患者数を示しています。比較的若い年齢層の症例では、早期の治療により入院日数も短く軽症で退院されています。しかしながら、高齢患者さんではCOPD(慢性閉塞性肺疾患)や慢性心不全等の基礎疾患を持っておられる患者さんも多く、酸素投与を必要とする中等症以上の症例が増加傾向です。また、更に重症化してしまう症例もみられ、これら重症肺炎に対しても呼吸器管理を含め積極的な集中治療を行っています。新型コロナウイルスに対する感染対策を強化し、成人市中肺炎における軽症から重症症例まで幅広く治療を行っています。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 9 40.33 81.56 29.41
その他 8 34.75 87.38 23.53
当院での脳梗塞の患者数を示しています。症例数はそこまで多くないですが、急性期治療では血栓溶解治療が有用と判断される場合には、患者さんの状態を総合的に判断し、連携する専門施設への紹介転院の相談も行っています。また、亜急性期で当院で保存的に治療を開始する場合には、入院当日よりリハビリ介入を行い症状の悪化予防並びに機能回復を目指しています。
糖尿病や脂質異常症の患者さんの増加に伴いアテローム血栓性脳梗塞や、高齢化に伴う影響として心房細動の患者さんの増加により、心原性脳塞栓症の症例も増えつつあります。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 74 0.42 1 0 67.05
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 14 38.29 25.71 57.14 87.79
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 9 9.56 10.22 0 85.33
K654 内視鏡的消化管止血術 7 2.14 10.57 14.29 69.71
K386 気管切開術 6 18 64 50 80.33
当院の内科で主に行っている手術の上位5位を示しています。一番多くは当院の外科と同様で内視鏡による大腸ポリープ切除術となっています。次いで中心静脈注射用の植込型カテーテル留置術となっていますが、これは平均術前日数と平均年齢からも分かるように、高齢患者さんの増加に伴い、治療経過中に誤嚥性肺炎を繰り返したり、認知症に伴い食事摂取不良の状態が続いたり、各種疾患により栄養状態の低下を認めたりすることから、経口摂取がままならない状態に陥るケースについてTPN(中心静脈栄養)を目的として行われることが多いです。高濃度の栄養輸液を投与することが可能となり、からだに必要な栄養素を補給することで栄養状態の改善に努め、在宅医療へと繋いで行けるように取り組んでいます。
また、内科では新しく循環器内科医が着任し、ペースメーカー移植術等の不整脈治療にも対応できるようになっています。消化器疾患をフォローしつつ循環器疾患症例にも順次対応していく組織づくりを目指しています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 147 0.11 1.1 0 64.67
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 72 1.43 7.29 1.39 58.79
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 41 1.1 6.98 0 69.51
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 33 0.03 1 0 73.85
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 17 0.29 5.71 0 67.53
当院の外科で主に行っている手術の上位5位を示しています。外科部門の治療は消化器疾患に対し消化管グループとして内視鏡的治療(ポリープ・粘膜切除、粘膜下層剥離術)、腹腔鏡手術、開腹手術まで対応しています。また、腹腔鏡による胆のう摘出術や鼡径ヘルニア手術を多く行っています。末梢血管外科グループでは下肢静脈瘤に対しレーザー治療を中心に侵襲の少ない治療を行っています。前年度と比較しても、全体的に手術件数は増加傾向です。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕) 45 2.18 44.93 26.67 79.47
K0821 人工関節置換術(膝) 42 3.74 41.19 0 76.64
K1424 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(前方後方同時固定) 29 5.9 48.38 0 75.38
K0811 人工骨頭挿入術(股) 20 5.45 45.9 25 85.85
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 13 4.31 19.23 0 63.54
当院の整形外科で主に行っている手術の上位5位を示しています。前年度と比べて手術件数は大幅に増加しています。手術の疾患構成も変化しつつあります。四肢外傷性疾患に対する積極的な受け入れを行っていることから、上位には上腕骨の骨折に対する観血的手術や大腿骨頚部骨折に対する人工骨頭挿入術の手術件数が多くなっています。また、脊椎疾患に対してはより新しい手術手技であるOLIF手術を行い、低侵襲で出血や感染の合併症を最小限に抑え、安心で安全な手術治療が出来るようにしています。年齢層が高く在院日数も長くなりがちですが、術後は患者さんの状態をみつつ、早期からのリハビリテーション介入や各専門職種がチームとなり退院に向けての調整等を行い円滑な医療提供が行われるように努めています。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 191 0 1.6 0 75.71
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 6 1.17 8.5 0 75.33
K2683 緑内障手術(濾過手術) 1 0 22 0 78
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 1 0 12 0 85
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(縫着レンズ挿入) 1 1 7 0 85
当院の眼科で主に行っている手術の上位5位を示しています。老人性の白内障が多くを占めており、それに対する白内障手術を行っています。病気の上位5疾患でも白内障患者さんは増加しており、手術もそれに比例する形で増加しています。当診療科では術後合併症にも細心の注意をはらいつつ各眼科手術を行い、外来検査から手術、術後フォローアップまで円滑な治療ができるように取り組んでいます。
視界が全体的にぼやけたり、かすんだりといった症状がある方は早めに当診療科をご受診ください。

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 19 0.37 3.16 0 58.89
K347-5 内視鏡下鼻腔手術1型(下鼻甲介手術) 17 0.29 2.53 0 48.12
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 14 0.21 3.93 0 48
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 13 0.08 7.15 0 30.46
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 11 0.27 4.36 0 36.91
当院の耳鼻咽喉科で主に行っている手術の上位5位を示しています。手術は鼻内手術を中心に直達喉頭鏡下微細手術、扁桃摘出術、耳手術、良性腫瘍など耳鼻咽喉科の一般的な手術を行っています。比較的若い年齢層を中心に、早期社会復帰を念頭に手術加療を行っています。手術については兵庫医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科医師と連携し行っています。耳鼻科領域で気になる症状の方は是非、相談も含めてご来院ください。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 37 0.41 1 0 54.76
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 37 1.51 6.65 0 77.22
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他) 24 1.67 6.54 0 68.29
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 24 1.13 11 0 76.67
K783 経尿道的尿管狭窄拡張術 6 1.33 5.67 0 63.5
当院の泌尿器科で主に行っている手術の上位5位を示しています。前年度と比べると当診療科の手術症例は全体的に増加傾向です。1泊2日入院での腎・尿管結石に対するESWL(体外衝撃波による破砕術)を始め、低侵襲手術がメインです。また、平均年齢から見ても患者さんの年齢層は年々高くなってきており、術後の合併症にも注意しながら慎重に手術加療を行っています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.03
異なる 7 0.23
180010 敗血症 同一 6 0.2
異なる 17 0.57
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 1 0.03
180040 手術・処置等の合併症 同一 8 0.27
異なる 3 0.1
当院では高齢患者さんが多く、原疾患の重症化・遷延化によりDIC(播種性血管内凝固症候群)や敗血症・真菌感染症を合併するケースが経験されます。特に血糖コントロール不良な糖尿病患者さんでの敗血症が多く経験され、厳格な血糖コントロールを合わせて治療にあたっています。また、抗生剤の選択に関しては院内感染対策チーム(ICT)と連携して適切な投与を行っています。術後合併症においては高齢で重症化した状態での外科的手術等も多く見受けられます。初期診断と集中治療が重要となるため病院内でチームを結成し、重症化する前より早期介入を行い、スムーズな治療が行われるように努めています。
更新履歴
2020.9.16
令和1(2019)年度の病院情報の公表を行いました。

病院のご紹介