放射線科

2名の常勤・放射線診断専門医が、放射線科における画像診断を担当しています。

放射線部門では単純X線撮影、消化管造影検査、CT、MRI、RI、マンモグラフィーなど各種画像検査を行っています。これらの検査を迅速かつ安全に実施できるように、診療放射線技師、看護師と一体となった検査体制を整えています。また、撮影した画像が診断に適したものであるかを常に評価しています。検査結果は撮影後、速やかに読影レポートを作成し、各診療科での診察に役立てるように努めています。

また、他の医療施設からも当院の地域医療連携室を通し、直接検査の依頼を受け入れるようしています。検査後は原則として当日中に検査レポートを作成し、検査依頼医療施設での診療に遅れがでないように務めています。

放射線科医は患者様と直接関わる機会は少ないですが、各科での適切・且つ迅速な診療が受けられるように画像診断に取り組んでいます。

外来担当医師

放射線科部長
髙田 佳木 (Yoshiki Takata)

放射線科

がん治療について御相談に応じます。

専門・得意分野 肺がんの診断・抗癌剤治療、呼吸器疾患の診断・治療全般
略歴 昭和43年 神戸大学医学部 卒業
昭和45年 国立がんセンターレジデント
昭和49年 神戸大学医学部放射線科 助手
昭和56年 神戸大学医学部 放射線科 講師
昭和62年 兵庫県立成人病センター・放射線科医長・呼吸器科 医長
平成18年 兵庫県立がんセンター 副院長・呼吸器科部長
平成21年 神戸百年記念病院放射線科 部長
現在に至る
資格・所属学会
  • 放射線学会専門医
  • 呼吸器学会専門医
  • 内科学会認定内科医
  • 呼吸器内視鏡学会・気管支鏡指導医
  • 臨床腫瘍学会暫定指導医
  • マンモグラフィー読影認定「AS評価」

由利 秀久 (Hidehisa Yuri)

放射線科

略歴 昭和51年3月 神戸大学医学部 卒業
昭和51年7月 神戸大学医学部付属病院(研修医)
昭和52年1月 宮地病院 放射線科
昭和54年1月 神戸大学医学部付属病院 放射線科医員
昭和57年4月 神戸大学医学部付属病院 放射線科助手
昭和57年11月 神戸大学医学部付属病院 放射線科外来医長
昭和58年12月 高砂市民病院 放射線科
平成16年8月 岡山協立病院
令和元年7月 神戸百年記念病院 放射線科
現在に至る
資格・所属学会 日本医師会 放射線診断専門医

診療科のご案内