入院リハビリテーション

1.症状
手術後、外傷後、入院中の体力低下などにより、日常生活動作能力が低下

2.診断

主治医によりリハビリテーションが適応と判断

3.リハビリテーション開始
実施計画書
身体機能や社会的背景、治療プログラムなどをまとめた計画書を1カ月1枚作成します
治療内容
  • 関節可動域練習
  • 筋力増強運動、持久力運動
  • 物理療法
  • 歩行練習
  • 日常生活動作練習
  • 動作指導
  • 自主トレーニングの指導
  • テーピング指導
  • 福祉用具などの提案
4.退院前自宅訪問

退院後の自宅での生活を順調行うために、必要に応じて、リハビリテーションスタッフ・医療ソーシャルワーカーが患者様とともに退院前に一度自宅に伺い、実際の動作の確認や必要であれば手すり・福祉用具などの導入を行います。

5.退院

必要に応じて、退院後、外来リハビリテーションもしくは 訪問リハビリテーション に移行します。

診療科のご案内