重要なお知らせ 重要なお知らせ

緩和ケアチーム(がんサポートチーム)

緩和ケアとは?

緩和ケア=終末期治療ではありません。

がんや重症の心不全の治療中や療養中はだれしも、様々なつらさを抱えています。緩和ケアは、からだのつらさ、心のつらさ、生活のつらさを和らげ、快適な日常生活を送っていただくための医療やケアのことです。
現代の医療において「緩和ケア=終末期治療」ではなく、治療開始と同時に開始すべきという考えが主流となっています。
当院では治療開始と同時に緩和ケアについて十分に説明し、患者さん本人のみならず、ご家族のサポートも行える体制を整えています。医師が立てた治療方針をベースとしてカンファレンスや回診を行います。
このように、患者さまとご家族に寄り添えるチーム下で、当院の理念である「地域にならなくてはならない病院」を意識し、他職種で連携して患者さんとご家族の不安を取り除くように努めて参ります。

緩和ケアチーム

緩和ケアチームの役割

さまざまな職種がひとつのチームとして連携し、患者さまの身体的・精神的苦痛を緩和するためのサポートをします。患者さまの困りごとやご状況を、チーム全員で共有して解決策を考え、患者さまが不安のない治療や生活を送れる体制を構築しています。

緩和ケア相関図

医師

がんと診断された患者様に適切な治療方針を決定します。例えば当院では大腸がんであれば、内視鏡的切除や手術、化学療法、緩和的治療などを行っています。そしてどの治療であっても患者様とご家族にご説明の上、緩和ケアチームへコンサルトし治療と同様に様々なサポートも早期より開始します。

医師

看護師

がんと診断をされたときから患者さま・ご家族に対して、苦痛を和らげ軽くすることを目指し・評価します。そして治療や療養生活について患者さまとご家族の意向を確認し、その意思決定を支援しています。

看護師

薬剤師

がんの症状や治療に関連して生じるさまざまなつらさに対して、それぞれの患者さまに合ったお薬の提案を行っています。また、定期的に病室にうかがい、処方されたお薬の効果の確認・薬の飲み合わせの確認・副作用の予防・早期発見に努めています。

薬剤師

管理栄養士

患者さま個々の病態や症状に応じた適切な栄養管理を実施しております。食事は治療の一環であると共に「楽しみ」でもあります。治療などにより、食事がとりにくくなっても、ちょっとした工夫で食べられるようになることもあります。
日々変わる症状などの情報をチームで共有し、寄り添いながらサポートをいたします。

食事調整の一部をご紹介

熱や倦怠感で食事が食べにくい
→ ゼリーや飲み物の提供を行う
肉類などの食材のにおいで嘔気がする
→ 嘔気のする食材を禁止し、別のメニューを提供する
ご飯が食べにくい
→ ひと口おにぎり・軟らかいご飯・パンなどに変更する
管理栄養士

臨床心理士・公認心理師

病気と診断されるとさまざまな心の動きが生じます。「病気を受け入れられず、なんだかしんどい」、「治療に臨もうと思うけど、なぜだかやる気が起きない、不安」などです。そういった心のつらさ、不安を少しでも解消できるよう心理的なサポートをいたします。

臨床心理士・公認心理師

理学療法士・作業療法士

がんの進行、その治療過程において運動麻痺や筋力低下、病的骨折、上肢や下肢の浮腫などさまざまな障害が起こることがあります。その影響で日常生活動作に制限を生じQOL(生活の質)の低下をきたすことがあります。リハビリではこれらの問題に対して二次的障害を予防し、機能や生活能力の維持・改善を図っていきます。

作業療法士

医療ソーシャルワーカー(MSW)

介護保険などの公的サービスを調整し安心して生活、療養できるように支援を行います。また、治療による金銭面の負担についても適切な制度の紹介などを行います。

医療ソーシャルワーカー(MSW)

活動内容

病棟回診

チームメンバーのうち3名程度で1日1回、週に1回緩和ケアチーム全員での回診をおこなっています。主治医や病棟看護師から依頼を受けた症例を中心として、助言・処方提案や心理的フォローをしています。

緩和ケアチーム

カンファレンス

メンバー全員で週に1度カンファレンスを行い、チーム内で情報共有し意見を出し合っています。

緩和ケアカンファレンス

メンバー

医師2名(内科・外科各1名ずつ)
看護師2名(がん性疼痛認定看護師 1名、がん化学療法認定看護師 1名)
薬剤師3名、臨床心理士・公認心理師2名、管理栄養士1名、作業療法士1名、医療ソーシャルワーカー1名

相談窓口

問い合わせ先

078-681-6111(代表)

078-686-6118

[月~金曜日]9:00~18:00 [土曜日]9:00~17:00

日・祝日はお休みです。
なお、ファックスは24時間受付けておりますが、受付時間外は翌日の処理となりますのでご了承ください。

診療科のご案内

診療科のご案内 のページ一覧