重要なお知らせ 重要なお知らせ

ENDOSCOPE CENTER

内視鏡センター

苦痛の少ない、精度の高い検査・治療が行えるよう最善を尽くしていきます。

内視鏡検査の主な目的はがんの発見です。早期に見つけることできれば、体の負担が少なく後遺症のリスクが低い内視鏡治療を行えます。小さな早期がんでも見逃さないことがないよう内視鏡検査しております。
また、ご希望に応じ積極的に麻酔薬(鎮静薬)を使用し、苦痛やご負担が軽くなるような検査体制を整えています。

診療の高度化・専門化に対応できる内視鏡センターへ

近年の内視鏡診療は専門化が進んでおり、熟練した専従スタッフが必要になってきました。当院では臨床工学技士・看護師を中心とした内視鏡技師のチームをつくり、より高度な内視鏡診療ができるよう、内視鏡センターを立ち上げました。これまで以上に高い水準で、数多くの検査・治療を行える体制構築を進めています。

内視鏡の進歩

近年、内視鏡やその周辺機器のめざましい発達に伴い、内視鏡の役割が大きく変わりました。従来の内視鏡は主に病気の診断を行うものでありましたが、拡大内視鏡・NBI(狭帯域光観察)など新しい技術が導入されて診断精度が向上した上に、多彩な処置具も開発され、治療の領域にまで幅広く内視鏡が応用される時代となりました。
内視鏡手術は外科手術に匹敵する効果がある上に、苦痛が少なく、入院期間が短く、術後の機能障害が少ないというメリットがあります。それらを代表するのが内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)、超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)などです。

内視鏡技師の役割

内視鏡領域の進歩に伴って、以前では考えられなかったような高度な医療を患者さんに提供することができるようになる一方で、現場の業務内容は益々複雑化しています。医師以外のスタッフにも専門的な知識や、高い安全管理能力が求められるようになったため、昨今では内視鏡診療の基盤となる優秀な内視鏡技師が十分に在籍しているかどうかで、その内視鏡室のチーム力が大きく変わってくると言われています。内視鏡技師は、内視鏡診療の補助全般におけるエキスパートであり、その業務内容は前処置、内視鏡の洗浄・消毒、機器管理、検査・治療の介助など多岐に渡ります。

内視鏡検査の特長

麻酔薬(鎮静薬)を積極的に使用しています

ご希望があれば、胃カメラ・大腸カメラともに麻酔薬(鎮静薬)を使用することができます。

胃カメラ・大腸カメラを同時に受けられます

多くの病院では胃カメラ・大腸カメラ検査を別の日に行うことが多いですが、当院では以前から同日に施行が可能です。同時検査は身体への負担も減らせるのでお勧めです。

大腸カメラ検査と同時にポリープ切除します

大腸カメラ検査でポリープが見つかった場合、そのままポリープの切除術を日帰りで受けることができます。

ただし、出血の危険性を考慮して、ポリープの大きさや数には限度があります。大きかったり数が多い場合は後日入院して切除術を受けていただきます。

拡大内視鏡により検査精度を高めます

近年内視鏡機器が進歩により、病気の場所を拡大して詳しく観察することが可能になりました。これにより、がんの診断精度が飛躍的に向上しています。

内視鏡治療の特長

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

内視鏡や高周波装置など周辺機器の進歩により、近年早期癌が手術をせずに内視鏡で切除できるようになりました。これにより体の負担が小さく後遺症のないがんの治療ができるようになっています。
当院ではこの治療の最先端の病院で500例以上の経験を積んだ医師もおり、積極的に行っています。食道・胃・大腸すべての臓器で、巨大病変や潰瘍瘢痕上の病変など治療が困難な病気も含め、大学病院やがんセンターと同レベルの治療を行うことができます。

内視鏡的逆行性胆管膵管造影法(ERCP)

総胆管結石の治療や胆管癌・膵癌の治療も行っております。

休診代診

現在、予定されている休診はありません。

夜間・休日診療のご案内

外来担当医師

内視鏡センター長
森主 達夫 (Tatsuo Morinushi)

内科、消化器センター、内視鏡センター

専門・得意分野 内科、消化器内科
略歴 平成19年3月 東京医科歯科大学医学部 卒業
平成19年4月 東京医科歯科大学医学部附属病院
平成21年4月 国家公務員共済組合連合会 横須賀共済病院
平成23年4月 横浜市立みなと赤十字病院
平成25年4月 長野県厚生農業協同組合連合会 佐久総合病院
平成26年4月 医療法人鉄蕉会 亀田総合病院
平成29年6月 NTT東日本関東病院
平成30年6月 独立行政法人地域医療機能推進機構 神戸中央病院
令和2年7月 神戸百年記念病院 内科
資格・免許
  • 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・近畿支部評議員
  • 日本消化器病学会専門医
所属学会など 日本内科学会
日本消化器学会
日本消化器内視鏡学会
ストーリー・実績

ストーリー

1982年生まれ。出身は神戸です。東京医科歯科大学卒業後、東京医科歯科大学の消化器内科に入局。神奈川県の中核病院で消化器内科医として4年間研修し、消化器内科の基礎を勉強する中、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)に出会いました。

ESD(早期消化癌の内視鏡切除術)との出会いと決意

手術と違い、がんを中からくりぬいて切除するので、臓器が温存され後遺症がない。しかしながら、高度な診断や技術を必要するため病院や施行医によってかなりレベルの差があり、本来内視鏡で切除できるのに、診断や技術が未熟で手術に回るような症例を目の当たりにしてきました。内視鏡で後遺症なく切除してあげられるものは困難例であろうが自分で切除してあげられるようになるため、ESDの専門病院で研修することを決意しました。

ESDで全国的に有名な佐久総合病院(佐久医療センター)に移り、ESDの基礎を勉強しました。

実践経験による研鑽を重ねる

千葉房総半島の中核病院である亀田総合病院では、年間で300例のESD症例数があり、佐久総合病院で学んだことを実践し、症例を多数経験、学会・論文発表も多数行いました。

大腸ESDはESDの中でも高度な技術を要し、その大腸ESDの症例数が日本一多いNTT東日本関東病院では、大腸ESDの技術を学びました。

困難症例と正確性への挑戦

故郷である神戸に帰ってからも、県内でも有数のESD件数をこなし、全周性の病変や瘢痕上の病変など困難例も行いました。また内視鏡によるESDと腹腔鏡下での切除を併用するLECSも施行しています。

困難例含めこれまで500例以上経験してきました。100%近い一括切除率、1%未満の穿孔率(一般的には3~5%)で、安全性を保ちながら確実性の高い治療をこころがけています。これまでの経験を活かし、ここ神戸で苦痛のない質の高い内視鏡検査・治療で患者様に貢献できるよう頑張りたいと思います。

9cm大の早期大腸癌
噴門部の亜全周性の早期胃癌

著作

  • 「食道表在癌内視鏡治療の進歩」Modern Physician 34(5):459-463 2014
  • 「Non‒exposed endoscopic wall‒inversion surgery(NEWS)にて治療した潰瘍合併穹窿部早期胃癌の1例」 ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease Volume 30, Issue 1, 21 - 26 (2014)
  • 「食道原発悪性黒色腫」消化器内視鏡(0915-3217)26巻10号 Page1616-1617
  • 「胃アミロイドーシス」消化器内視鏡 28巻8号 Page1284-1285
  • 「エロモナス腸炎の内視鏡像」胃と腸 53巻4号 477-479
  • 「エロモナス感染症」別冊日本臨床 領域別症候群シリーズ No.11 消化管症候群(第3版)Ⅲ -その他の消化管疾患を含めて- 110-112

診療科のご案内