外科

消化器の悪性腫瘍に対する専門的な診断から治療まで、内視鏡による治療、腹腔鏡を主とした低侵襲な外科手術、そして抗がん剤治療まで途切れのない診療を行っています。また、胆石等の良性消化器疾患、鼠径ヘルニア、痔疾患、乳腺疾患(乳がん)、下肢静脈瘤、急性虫垂炎や腹膜炎などの腹部救急疾患まで幅広い診療を行っております。

外科の特長

消化器疾患(胃がん・大腸がん・胆石症)を中心に、乳腺(乳がん)・鼠径ヘルニア(脱腸)・痔疾患等まで第一線の病院として、年間200~300例の手術を行っております。消化器疾患は県下でも早期より鏡視下手術(腹腔鏡下)を導入し安全を配慮のうえ、低侵襲・短期入院での治療を積極的に行ってきています。また胆石症や鼠径ヘルニア手術も腹腔鏡で行うことで、術後の疼痛も少なく、早期に仕事や運動が可能です。

診療方針

乳腺疾患はマンモグラフィー検査をはじめ、検査から手術・抗癌剤・ホルモン療法まで乳がん専門医による一貫した治療を提供しています。内痔核には侵襲の少ない注射療法も行っております(詳しくは外科小林外来まで)
。令和元年よりは下肢静脈瘤にはレーザ治療も開始いたしました(詳しくは血管外科黒瀬外来まで)。
さらに当外科の特徴として消化器内科・人間ドックとの密な連携により敏速で病期に応じた適切な治療を提供しています。

対象とする主な病気

  • 消化器疾患(癌・良性) … 胃がん・大腸がん
  • 肝・胆・膵疾患(癌・良性) … 肝嚢胞・胆石症・膵がん・膵のう胞
  • 乳腺疾患(癌・良性) … 乳がん・乳腺良性腫瘍
  • 鼠経ヘルニア(脱腸)・臍ヘルニア・腹壁瘢痕ヘルニア
  • 肛門疾患、虫垂炎、下肢静脈瘤、一般外科

検査・診断方法

消化器疾患(食道・胃・十二指腸・大腸・肝・胆・膵)

人間ドックの予防医学をはじめ、消化器内科と連携をもって各種検査を含め、疾患の病期に応じた内視鏡治療や腹腔鏡手術等の最新な治療を提供しています。

肛門疾患

手術療法に加え内痔核ジオン注射療法を行っています。

鼠径ヘルニア、腹壁・大腿・臍ヘルニア

腹腔鏡手術等を加えて最適な治療を行っています。

下肢静脈瘤

検査から一貫した治療を行い、短期入院にて美容的にも最適な治療法を提供しています。

乳腺疾患

人間ドック・乳がん検診・一般患者に対し、マンモグラフィー・超音波検査などの検査から一貫した治療を提供し、縮小手術、さらに放射線治療・化学療法・ホルモン療法の集学的治療を行える施設です。

休診代診

▼ この表は横にスワイプ(スライド)できます

12/2
(月)
外科 全日 休診 吉原
12/3
(火)
外科 全日 休診 吉原
12/4
(水)
外科 全日 休診 吉原
12/5
(木)
外科 全日 休診 吉原
12/6
(金)
外科 全日 休診 吉原

担当医表

外科

▼ この表は横にスワイプ(スライド)できます

急遽、担当医が変わる場合がございますのでご了承ください。

女性医師

▼ この表は横にスワイプ(スライド)できます

午前

西岡 昭彦

吉原 俊也

西岡 昭彦

西 憲義

小林 政義

黒瀬 公啓

下肢静脈瘤

日高 敏晴

西岡 昭彦

小林 政義

小林 政義

第2週

午後

西 憲義

日高 敏晴

夜間・休日診療のご案内

外来担当医師

副院長、消化器センター長、外科部長、栄養部長、地域医療連携室長
西岡 昭彦 (Akihiko Nishioka)

外科、消化器センター

常に進歩し、患者様に優しく確実な治療を目指します。

専門・得意分野 消化器外科 内視鏡外科 胆膵外科 
乳腺外科 ヘルニア 消化器内視鏡検査
略歴 昭和57年 兵庫医科大学卒業 
昭和62年 兵庫医科大学第二外科医員 
昭和63年 兵庫医科大学第二外科講座助手 
平成10年 神戸百年記念病院外科医長
平成14年 神戸百年記念病院外科部長
現在に至る
資格・所属学会
  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器外科学会認定医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医
  • 近畿外科学会評議委員
  • 兵庫医科大学臨床教育教授
  • 兵庫医科大学第二外科講座非常勤講師
  • マンモグラフィー読影認定医

外科部長、消化器センター長補佐
西 憲義 (Noriyoshi Nishi)

外科、消化器センター

小林 政義

外科

略歴 平成18年 兵庫医科大学医学部 卒業
平成20年 兵庫医科大学病院初期研修医
平成20年 初期研修修了
平成21年 兵庫医科大学病院旧第二外科
平成23年 関西労災病院外科
平成27年 兵庫医科大学病院下部消化管外科
平成28年 尼崎中央病院外科
平成28年 兵庫医科大学病院下部消化管外科 神戸百年記念病院外科 採用
平成30年 現在に至る

非常勤医師
日高 敏晴 (Toshiharu Hidaka)

外科

すべての疾病に対して、過不足のない標準的治療を目指します。

専門・得意分野 消化器外科、内視鏡外科、乳腺外科、下肢静脈瘤
略歴 平成10年 近畿大学医学部卒業 
平成10年 近畿大学第2外科研修医 
平成11年 国立神戸病院研修医 
平成12年 近畿大学医学部第2外科助手 
平成12年 ときわ病院 
平成18年 近畿大学医学部外科大学院卒業
平成18年 医学博士 
平成18年 近畿大学医学部外科乳腺 内分泌部門助手 
平成18年 神戸百年記念病院 外科勤務
現在に至る
資格・所属学会
  • 日本外科学会 外科専門医
  • 日本消化器病学会 消化器病専門医
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医
  • マンモグラフィー読影認定医
  • 乳腺超音波認定医

診療科のご案内