オプション検査

新しく“腸内フローラ”もオプション追加できるようになりました!

病気になりやすい部分は、個人ごとのライフスタイルや体質などの違いによって、大きく異なります。当院健診センターでは、受診者様の一人ひとりの健康を考え、一人のためのオーダーメードドックを目指し、基本コースの他に様々なオプション検査をご用意しておりますのでぜひご利用ください。ご希望の方は、必ず事前にご予約ください(人数に限りがございますので、お早めにご予約ください)

ご契約団体によりまして下記検査の一部がコースに含まれる場合、また料金が異なる場合がございます。
価格はすべて税抜です。

    ▼ この表は横にスワイプ(スライド)できます

    検査名 価格 対象コース
    半日 1日 2日
    脳健診・MRI/MRA 25,000円 コースに含む

    いま現在の脳の状態を把握することは、症状の出現を未然に防ぐことへとつながります。脳MRIの目的は、MRI、MRAによる画像診断を主検査とする一連の検査により、無症候、未発症の脳及び脳血管疾患、あるいはその危険因子を発見し、それらの発症や進行を防止、予防することです。

    〈所要時間〉約20分

    MRIの詳細

    こんな方にオススメ

    • 高血圧
    • 糖尿病、高脂血症
    • 心臓病の既往
    • 喫煙する
    • 頭痛、吐き気、めまいふらつき
    • 手足に力が入らなかったりしびれる
    • 物忘れをする
    脳健診・MRI/MRA(事前予約制)
    頸動脈エコー 3,500円

    頚動脈エコーとは、左右の頚部に超音波を当てて血管の中を調べる検査です。安全で痛みもなく、外から血管内の変化を見ることができる唯一の検査でもあります。また、頚動脈は動脈硬化の好発部位でもあるため全身の動脈硬化やそれに伴う脳血管疾患・心筋梗塞や狭心症の危険度を知ることができます。

    〈所要時間〉約20分

    こんな方にオススメ

    • LDLコレステロールが高い
    • HDLコレステロールが低い
    • 喫煙する・ヘビースモーカーだった
    • 肥満(BMI25以上)
    • 高血圧・糖尿病・脂質異常症と言われたことがある
    • 家族
    頸動脈エコー
    胸部CT検査 11,000円

    オプション検査の胸部CT検査・肺がん健診の目的は、肺がんを初期の段階で発見し早期治療につなげることで肺がんから命を守ることです。日本人の肺がん罹患率、死亡率はともに高く、最近では喫煙者本人だけでなく、受動喫煙による肺がんリスクの上昇も問題視されています。 また初期段階では自覚症状が乏しく、発見が遅れがちなことも死亡率を高める原因だといわれています。マルチスライスCT (以下MDCT)による検査では、通常の胸部X線による健康診断だけでは早期発見が難しいとされておりましたが、これまでの胸部X線では発見できない小さなガン、血管や心臓の影に隠れた肺がんの発見に非常に有効な検査です。

    〈胸部CT検査〉MDCTのみ

    1日コーズ・2日コース・特別コースの方のみ
    MDCTでの胸部の断層撮影は、胸部エックス線写真では見つけにくい早期の肺がんや肺気腫を発見することができます。

    〈肺がん健診〉MDCT+腫瘍マーカー

    肺がんに特有な血液中の特殊物質(腫瘍マーカー)を検査し、さらにMDCTによる画像解析を行い、肺がん・中皮腫等の疑いがないか調べます。

    平成30年度より、肺がん健診(旧肺がん②)は喀痰検査を廃止し、胸部CT検査と腫瘍マーカー(扁平上皮がん:SCC・シフラ 肺小細胞がん:NSE肺腺癌:CEA・シフラ)のセットに検査内容を変更しております。

    画像読影は、専門資格を有する医師が行います。

    こんな方にオススメ

    • 年齢50歳以上の方
    • ヘビースモーカー(喫煙指数600以上)の方
    • 家族がヘビースモーカーの方
    • 血縁者に肺がんになった人がいる方
    • 日頃から咳、痰、血痰(痰に血が混じる)がでる方
    • 有害物質(アスベストなど)を職業上取り扱っている方
    • 上記以外でも40歳、45歳の節目に
    胸部CT検査

    〈所要時間〉約5分

    検査当日でもお受けになれますので、ご希望の方は看護師またはスタッフにお申し出下さい。

    〈検査項目〉16chマルチスライスCT

    肺がん健診 14,000円

    オプション検査の胸部CT検査・肺がん健診の目的は、肺がんを初期の段階で発見し早期治療につなげることで肺がんから命を守ることです。日本人の肺がん罹患率、死亡率はともに高く、最近では喫煙者本人だけでなく、受動喫煙による肺がんリスクの上昇も問題視されています。

    また初期段階では自覚症状が乏しく、発見が遅れがちなことも死亡率を高める原因だといわれています。マルチスライスCT(以下MDCT)による検査では、通常の胸部X 線による健康診断だけでは早期発見が難しいとされておりましたが、これまでの胸部X線では発見できない小さなガン、血管や心臓の影に隠れた肺がんの発見に非常に有効な検査です。

    肺がん

    胸部CT検査 MDCTのみ

    1日コース・2日コース・特別コースの方のみ
    MDCTでの胸部の断層撮影は、胸部エックス線写真では見つけにくい早期の肺がんや肺気腫を発見することができます。

    肺がん健診 MDCT+腫瘍マーカー

    肺がんに特有な血液中の特殊物質(腫瘍マーカー)を検査し、さらにMDCTによる画像解析を行い、肺がん・中皮腫などの疑いがないか調べます。

    平成30年度より、肺がん健診(旧肺がん②)は喀痰検査を廃止し、胸部CT検査と腫瘍マーカー(扁平上皮がん:SCC・シフラ肺小細胞がん:NSE肺腺癌:CEA・シフラ)のセットに検査内容を変更しております。

    画像読影は、専門資格を有する医師が行います。

    放射線科 医師のご紹介

    こんな方にオススメ

    • 年齢50歳以上の方
    • ヘビースモーカー(喫煙指数600以上)の方
    • 家族がヘビースモーカーの方
    • 血縁者に肺がんになった人がいる方
    • 日頃から咳、痰、血痰(痰に血が混じる)がでる方
    • 有害物質(アスベストなど)を職業上取り扱っている方
    • 上記以外でも40歳、45歳の節目に

    〈所要時間〉約5分

    検査当日でもお受けになれますので、ご希望の方は看護師またはスタッフにお申し出下さい。

    〈検査項目〉16chマルチスライスCT

    消化器がん 4,500円

    血液検査で、がん細胞が生み出す特殊な物質を調べます。癌は一種の老化といわれています。数値に異常が出ても必ずしも癌とは限りませんが、早期に発見する手がかりになります。

    こんな方にオススメ

    • 画像診断(エコー、胃透視、胃カメラ、胸部X-Pなど)の補助
    • 癌になった人が家族に多い
    • 喫煙している、以前へビースモーカーだった
    • 〈AFP〉肝臓がんで高値を示します
    • 〈CEA〉主に大腸がん、胃がんで高値を示します
    • 〈CA19-9〉主に膵臓がん、胆嚢がんで高値を示します
    消化器がん
    大腸がん 15,000円

    人数に限りがございますので、お早めにご予約下さい。

    2日コースの方のみ

    大腸内視鏡検査は、肛門(お尻の穴)から、軟らかい内視鏡(カメラ)を入れて、大腸全体を観察する精密な検査方法です。この検査により、大腸がん、大腸ポリープ、大腸憩室症、炎症性腸疾患などの大腸、直腸の疾患を検索します。

    こんな方にオススメ

    • 40歳以上の方
    • 下痢と便秘をくり返す
    • 血便がある・便に血が付いている
    • 便潜血検査で陽性が1回以上出た
    • 血縁者に胃や大腸のがんになった人がいる方
    大腸がん(事前予約制)
    前立腺がん(PSA) 2,000円 オプション 50才以上コースに含む

    〈男性の方のみ〉1日コース・2日コース・特別コースの50才以上の方はコースに含まれます。前立腺がんに特有な血液中の特殊物質(腫瘍マーカー)を検査します。

    〈検査項目〉腫瘍マーカー(PSA)

    前立腺がん・MRI検査 25,000円

    前立腺がんは、中高年の男性に多くみられるがんです。日本人の前立腺がん増加の背景として、近年の高齢化と食生活の欧米化があげられます。また、検査精度の向上により、その発見率も上がっています。厚生労働省の調査では、男性がんの中でも患者数はすでに第一位となっています。年齢別では40歳では稀で、50歳代から徐々に、60歳以上になると急激に増加しています。

    前立腺は年齢と共に肥大が起こり、がんとの区別が難しくなることがあります。そのため、健康管理センターではMRI検査を取り入れることにより、がんの有無と範囲を画像化することで診断能力を高めています。

    〈所要時間〉約30分

    こんな方にオススメ

    • 最近尿の出が悪い気がする。または、痛みを伴うことがある
    • 年齢40歳以上の方
    • 血縁者に前立腺がんになった人がいる方
    前立腺がんMRI検査

    MRIの詳細

    子宮頸部細胞診 4,000円 オプション

    婦人科がん①(子宮頚部)

    子宮の出口の細胞を綿棒やブラシでこすりとって、細胞を調べる検査です。近年、20歳代でも子宮頚がんは増加傾向にあり、また、女性であれば誰でも子宮頚がんになる可能性があります。定期的な検査によって、早期に発見や治療をすることができます。

    こんな方にオススメ

    • すべての女性
    • 妊娠や出産の回数が多い方
    • 性交後の出血や月経以外に出血のある方
    婦人科がん 5,000円

    婦人科がん②(卵巣・子宮体部)

    経膣超音波検査で、卵巣や子宮体部に異常がないかを調べます。プローブを子宮や卵巣に近づけることで、鮮明な画像を得ることができます。 これにより、卵巣嚢腫や卵巣がん、そして子宮内の腫瘍やポリープ、筋腫・内膜症なども早期発見が可能です。血液検査の「卵巣の腫瘍マーカー」は、がん細胞が生み出す特殊な物質を調べます。卵巣がんのスクリーニング検査として、超音波検査の補助としておすすめです。

    こんな方にオススメ

    • 初経が早い方、月経不順の方
    • 更年期閉経後の方
    • 下腹部に違和感のある方
    • 過多月経・過長月経のある方(筋腫や内膜ポリープの有無が分かります)
    • 月経痛、排便痛、性交痛のある方(内膜症の可能性があります)
    • 肥満、高血圧、糖尿病のある方(子宮体がんの危険因子です)

    〈要注意〉不正出血やよく腹痛がある、などの症状のある場合は、婦人科受診をおすすめします。

    婦人科がん(脳ドックセット) 8,000円

    婦人科がん(脳ドック)

    子宮頸部細胞診、腫瘍マーカー(CA125)、子宮・卵巣エコー

    心臓機能評価 4,000円
    毎日休むことなく働いている心臓の元気度をチェックしてみませんか?

    血液で心臓から分泌されるホルモン(BNP)と心筋成分(トロポニンI)を調べ、心臓機能を評価します。BNPは心臓に負担がかかると心臓から血液に分泌されるホルモンです。数値が高いほど心臓に負担がかかっているということです。トロポニンは心筋の構成成分であるため血液中に出現するということは、急性心筋梗塞・不安定狭心症などによって心筋がダメージを受けていることを意味します。

    こんな方にオススメ

    • 血圧治療中である、血圧が高い
    • 脂質異常症(コレステロールや中性脂肪が高い)の治療中、または脂質異常がある
    • 心不全といわれたことがある
    • 心臓の老化が気になる
    心臓機能評価
    骨密度検査 3,000円

    骨密度測定装置を用い、骨の中のカルシウム量を測定・評価します。骨にはタンパク質やリンなどとともに、多くのカルシウムが含まれています。しかし、骨に含まれるカルシウムの量は若年期をピークに年齢とともに減っていきます。そして、カルシウムの量が減少すると骨の構造が非常にもろい状態に変化し骨折しやすくります。

    健康管理センターでは、まずご自身の骨量を知る事が骨量減少の予防につながると考えております。その為にも、短時間測定で精度が高いX線骨密度測定装置による検査をお勧めしております。

    〈所要時間〉約5分

    検査当日でもお受けになれますので、ご希望の方は看護師またはスタッフにお申し出下さい。

    こんな方にオススメ

    • 骨粗しょう症と言われたことがある
    • 閉経された方
    • 腰や背中が痛い、重い感じがする
    • 身長が縮んできた、腰や背中が曲がってきた
    • 背骨・手首・ふとももの付け根を骨折したことがある
    • 過去に一度も骨粗しょう症検診を受診したことがない
    骨密度検査

    〈検査項目〉骨塩定量測定(骨塩定量装置DEXA法)

    C型肝炎 1,600円

    血液検査で、C型肝炎ウィルスが体内にいるかどうかを調べます。肝炎になると、肝臓の細胞が壊れて、肝臓の働きが悪くなります。しかし、慢性肝炎や肝硬変になっても自覚症状が出ないことが多いことから、「沈黙の臓器」と呼ばれています。このため、症状がなくてもきちんと検査をしてウィルスの有無を知っておくことが大切です。

    こんな方にオススメ

    • 血液の輸血などを行ったことがある
    • 注射針・注射器をC型肝炎ウィルスに感染している人と共用したことがある
    • 針刺し事故やピアスや入れ墨などをしたことがある
    • C型肝炎ウィルスに感染している人と性交渉をもったことがある
    • C型肝炎ウィルスに感染している母親から生まれた子供である
    • 家族にC型肝炎に感染している人がいる
    • 過去に一度もC型肝炎ウィルスの検査をしたことがない

    〈検査項目〉HCV血液検査(抗体)
    陰性または陽性にて判定されます。陽性の場合は、現在、C型肝炎ウィルスに感染したことがあるか、またはしているかを意味します。

    ピロリ菌抗体検査 500円

    血液検査でピロリ菌抗体の有無を調べます。「ヘリコバクターピロリ(Helicobacter pylori)」という細菌の持続的な感染により、慢性萎縮性胃炎となります。ヘリコバクター・ピロリの感染は、慢性胃炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍のみならず、胃癌やMALTリンパ腫やびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫などの発生につながることが報告されています。

    ピロリ菌抗体検査

    こんな方にオススメ

    • 胃炎や胃・十二指腸潰瘍をおこしやすい
    • 胃の不快感が長期間(半年以上)続いている
    • 薬を飲んでも一時的にしか回復しない
    • 1970年以前に生まれている
    • 衛生環境の悪い所に住んでいたことがある
    • 家族にピロリ菌の感染者がいる

    〈要注意〉血液による抗体検査は、過去に除菌治療された場合でも陽性になることがあります。

    腸内フローラ検査 20,000円
    マンモグラフィー 〈1方向〉
    3,000円
    〈2方向〉
    5,500円
    〈1方向〉オプション
    〈2方向〉1方向を必ず受診
    〈1方向〉◎
    〈2方向〉オプション

    マンモグラフィーは乳腺に異常があるかどうかを調べる検査です。触診ではわかりにくい小さな病変をX線を使って調べていきます。撮影には1方向撮影と2方向撮影があります。

    こんな方にオススメ

    • ご家族(母親、姉妹、従姉妹など)に乳がんになった人がいる方
    • 40歳以上の方
    • わきの下や乳房にしこりを感じる方
    • 乳頭から分泌物や血液の混じった分泌物が出る方
    • 月経年齢が長い方(初潮年齢12歳未満・閉経年齢が55歳以降の方
    • 乳腺症になったことがある方
    • 乳がんになったことがある方

    なぜ2方向撮影を行うの?

    乳腺と腫瘤は画像上は同じように白っぽく写るため見つけやすくなります。石灰化と呼ばれる砂粒状のものはその分布や形で病気の可能性を考慮するため1箇所に集中してあるのかバラバラとあるのかがとても重要になり、丸いか尖っているかなども更に判りやすくなります。

    マンモグラフィーで100%のがんを見つけることは出来ませんが高密度な乳房もより正確に乳腺の病気やがんを発見しやすくするためマンモグラフィー2方向検診をおすすめします。従来の内外斜位方向撮影に加え、乳房内側を映し出しやすい頭尾方向を追加していきます。

    基本的にマンモグラフィー検診は自覚症状のない方を対象としています。

    撮影は、専門資格を持った女性技師が対応いたします。日程により、触診も女性医師による対応が可能です。ご希望の方は、予約時にご相談下さい。

    〈検査項目〉乳房レントゲン(マンモグラフィー)

    内臓脂肪測定 3,500円

    1日コース・2日コース・特別コースの方のみ

    CT検査で腹部の脂肪の分布を見ます。

    こんな方にオススメ

    • 標準体重だが、お腹が出ている(脂肪が気になる)
    • 血圧が高いウエストが男性85cm、女性90cm以上の方
    • 運動不足ぎみ
    • BMI指数が25以上
    • (BMI指数が19以下の方はあまり必要のない検査です)
    • BMI指数=体重(kg)÷身長(m)×身長(m)血糖・コレステロールが高い

    検査当日でもお受けになれますので、ご希望の方は看護師またはスタッフにお申し出下さい。

    〈検査項目〉内臓脂肪測定CT(MDCT)

    腹部CT 12,000円

    1日ドック、2日ドック

    マルチスライスCTで肝臓・膵臓・胆嚢・腎臓・脾臓などの異常がないかを詳しく調べます。腫瘍マーカーや超音波検査との併用で、さらに詳しく腹部臓器を調べることで病気の早期発見が可能となります。

    腹部CTで発見される可能性のある病気(異常が見つかれば詳細な検査が必要になります)

    • 〈肝臓〉肝がん、脂肪肝、慢性肝障害、肝硬変、肝血管腫、肝のう胞など
    • 〈胆のう〉石灰化した胆石、胆のう腺筋症、胆のうポリ-プ・腫瘍など
    • 〈すい臓〉膵がん、慢性および急性膵炎、膵のう胞、膵のう胞性腫瘍など
    • 〈腎臓〉腎がん、腎結石および尿管結石、腎のう胞、水腎症、腎血腫
    • 〈その他〉大動脈瘤、大腸がん、大腸憩室、副腎の腫大、副腎腫瘍、脾臓の腫大、脾臓の腫瘍、リンパ 腫大、 腹水など
    腹部CT

    人間ドックで発見された症例

    腹部CT

    所要時間 約5分

    検査当日でもお受けになれますので、ご希望の方は看護師またはスタッフにお申し出下さい。

    MDCTの詳細

    メンタルチェック 800円

    専門性の高い心理検査を使用し、こころの健康状態を確認します。結果は、心理療法士のアドバイスを添えてお返しします。
    簡易メンタル検査(質問形式の心理検査)

    高分子量アディポネクチン 3,000円 コースに含む

    血液検査で「アディポネクチン」の量を調べます。アディポネクチンとは、内臓脂肪を構成する脂肪細胞から分泌されるホルモンで長寿ホルモンともいえるたんぱく質です。動脈硬化の予防、精尿病口脂質異常症の改善口がん予防などの生活習慣病を改善する効果があるとされている善玉物質です。このホルモンは、内臓脂肪が増加すると減少し反対に内臓脂肪が減少すると増加することがわかってきました。
    また、100歳以上の元気な高齢者には一般の人よリアディポネクチン値が2倍になることが分かっています。これからの生活習慣病の予防やアンチエイジングに役立てるために、ご自身のアディポネクチン量を測ってみませんか?

    こんな方にオススメ

    • タバコを吸っている方
    • 血圧が高めの方
    • コレステロール・中性脂肪が高めの方
    • 血糖値が高い方
    • メタボリックシンドロームに該当する方、または予備軍の方
    • 肌の老化が気になる方

    〈検査の所要時間〉採血検査

    宿泊ホテルアップグレード

    オリエンタルホテルからホテルオークラへの変更

    20,000円(税別)

人間ドック