泌尿器科

泌尿器科では、膀胱・尿道・腎臓などの尿路系疾患や前立腺・精巣・陰茎などの男性生殖器などの内分泌臓器を対象として診療を行なっております。

泌尿器科の特長

日頃、尿が出にくい、または排尿に時間がかかる(排尿困難)、残尿感がある、昼間または夜間の排尿回数が多い(頻尿)、咳やくしゃみで尿が漏れる(尿失禁)、排尿に痛みをともなう(排尿痛)、尿に血が混じる(肉眼的血尿または顕微鏡的血尿)など、おしっこに関する悩みや相談から泌尿器科の病気で比較的多く扱う尿路結石(それぞれの結石の存在する部位により腎結石、尿管結石、膀胱結石など)、尿路性器感染症(腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎)や最近増加傾向にある前立腺がんなど各疾患の診断及び治療について、できるだけわかりやすく患者さん御自身の病状をご理解いただき、それぞれの患者さんに応じた医療を目指して診療を進めております。

対象とする主な病気

腫瘍
副腎腫瘍、腎腫瘍、腎盂尿管腫瘍、膀胱腫瘍、前立腺腫瘍、精巣腫瘍など
結石
腎結石、尿管結石、膀胱結石
排尿障害
前立腺肥大症、頻尿、尿失禁、排尿困難など
炎症
腎盂腎炎、膀胱炎、前立腺炎、精巣上体炎、尿道炎など
婦人泌尿器(ウロギネコロジー)
尿失禁、膀胱瘤、間質性膀胱炎など

検査・診断方法

ESWL(体外衝撃波腎尿管結石破砕術)

2003年5月より当科ではESWL(体外衝撃波腎尿管結石破砕術、機種はLithostar Multiline)を導入いたしました。ESWLとは体の外から衝撃波を結石に当てて細かく砕く方法で、手術といってもメスを用いるわけではありません。鎮痛剤のみの無麻酔下に1回の治療時間は約1時間です。
結石の大きさ、固さ、位置などにより数回の治療が必要となることがあります。当科では原則的に初回の治療は1泊入院していただき、次回以降の治療は外来で行なっております。

休診代診

現在、予定されている休診はありません。

担当医表

泌尿器科

▼ この表は横にスワイプ(スライド)できます

急遽、担当医が変わる場合がございますのでご了承ください。

女性医師

▼ この表は横にスワイプ(スライド)できます

午前

森下 真一

森下 真一

板東 由加里

森下 真一

森下 真一

第2週

第4週

休診

午後

担当医

担当医

担当医

夜間・休日診療のご案内

外来担当医師

泌尿器科部長
森下 真一 (Shinichi Morishita)

泌尿器科

泌尿器科疾患は多岐にわたり、一応どのような疾患にも対応しておりますが、時には患者様の満足が得られないこともありますが、できる範囲内で診療に当たっておりますので、宜しくお願いいたします。

専門・得意分野 泌尿器一般
略歴 昭和年 山口大学医学部卒業
昭和57年 神戸大学医学部付属病院
昭和57年 泌尿器科研修医
昭和62年 神戸大学医学部大学院卒
昭和62年 兵庫県立成人病センター 泌尿器科医員
平成02年 姫路赤十字病院 泌尿器科医員
平成04年 富士原病院泌尿器科
平成04年 神戸百年記念病院勤務
現在に至る
資格・所属学会
  • 日本泌尿器学会専門医
  • 日本泌尿器学会指導医

診療科のご案内